「カッセル英語俗信・迷信事典」の魅力

スポンサーリンク

「カッセル英語俗信・迷信事典」の魅力

カッセル英語俗信・迷信事典とは。

「カッセル英語俗信・迷信事典」は大修館書店が発行した事典で、1999年に出版されました。デービッド・ピカリング氏によって執筆され、青木義孝氏と中名生登美子氏によって日本語に訳されました。ノアの方舟から、第二次世界大戦中のグレムリン、宇宙飛行士のタブーまで、英米に伝わる俗信や迷信、タブーを網羅しています。図版も多く掲載されており、読みやすい内容となっています。

ノアの方舟から第二次大戦中のグレムリンまで

ノアの方舟から第二次大戦中のグレムリンまで

「カッセル英語俗信・迷信事典」の魅力

ノアの方舟から第二次大戦中のグレムリンまで

「カッセル英語俗信・迷信事典」は、ジョン・C・カッセルが編纂した、英語圏に伝わる俗信や迷信を網羅した辞典です。英語圏の文化を理解する上で欠かせない一冊で、研究者や英語学習者にも広く利用されています。

この事典の魅力は、その膨大な収録数と幅広い内容にあります。収録されている俗信や迷信の数はなんと12,000以上。恋愛、結婚、出産、死など、人生のあらゆる場面に関する俗信や迷信が網羅されています。また、ノアの方舟や魔女狩り、第二次大戦中のグレムリンなど、歴史上の出来事や人物にまつわる俗信や迷信も数多く収録されています。

さらに、「カッセル英語俗信・迷信事典」の魅力は、その読みやすさにもあります。各俗信や迷信は、簡潔かつ明瞭に解説されており、英語学習者でも理解しやすい内容になっています。また、豊富なイラストや図版が掲載されており、俗信や迷信の理解を助けてくれます。

「カッセル英語俗信・迷信事典」は、英語圏の文化を理解する上で欠かせない一冊です。英語学習者にとっても、俗信や迷信を学ぶことで、英語の語彙力や表現力を向上させることができます。

英米に伝わる俗信・迷信・タブーを網羅

英米に伝わる俗信・迷信・タブーを網羅

「カッセル英語俗信・迷信事典」は、英米に伝わる俗信・迷信・タブーを網羅した事典であり、日常生活の中で遭遇するさまざまな迷信についての情報を提供しています。本書は、1995年に初めて発行され、それ以来、数回改訂されています。この事典は、この分野で最も包括的なリファレンスであり、研究者や一般読者に広く利用されています。

この事典には、あらゆるトピックを網羅しており、恋愛、結婚、出産、死、健康、お金、天気、食べ物など、あらゆるトピックを網羅しています。また、動物、植物、鉱物など、自然界に関する迷信も掲載されています。さらに、本書には、さまざまな文化や地域に伝わる迷信も収録されています。

この事典は、迷信の起源や歴史、その意味や解釈など、迷信に関するさまざまな情報を提供しています。また、迷信を裏付ける証拠や、迷信を否定する証拠も掲載されています。この事典は、迷信を理解するための貴重なリソースであり、迷信の世界を探求したい人には必携の一冊です。

図版多数でわかりやすい

図版多数でわかりやすい

「カッセル英語俗信・迷信事典」は、図版が多数掲載されており、非常にわかりやすいのが特徴です。イラストや写真、表やグラフなどがふんだんに使用されているため、文章だけでは理解しにくい内容も、視覚的にイメージすることができ、理解が深まります。また、図版は単に文章を補完するだけでなく、それ自体が情報を提供する役割を果たしています。例えば、ある俗信の起源や、その俗信が信じられていた当時の社会状況を説明するのに、図版が用いられているケースが多くあります。図版のおかげで、俗信や迷信をより深く理解することができるのです。

タイトルとURLをコピーしました