GSX-R1100の魅力

スポンサーリンク

GSX-R1100の魅力

GSX-R1100とは。

GSX-R1100は、スズキが1986年から製造・販売した大型自動二輪車です。総排気量は1052ccで、エンジン形式は油冷4ストローク4気筒DOHCを採用。1985年に発売されたGSX-R750の排気量を拡大したモデルで、発売当初は圧倒的な動力性能で知られていました。

GSX-R1100とは?

GSX-R1100とは?

GSX-R1100とは?

GSX-R1100は、スズキが1986年から2001年まで製造していたスポーツバイクである。GSX-R750のエンジンを拡大した1,135ccの空冷4ストローク直列4気筒エンジンを搭載し、最高出力112馬力を発生する。乾燥重量は218kgで、最高速度は260km/hを超える。

GSX-R1100は、その強力なエンジンと軽量な車体、そしてシャープなハンドリングで、世界中のライダーに愛された。特に、1989年に発売された「カタナ1100」は、その斬新なデザインと圧倒的なパフォーマンスで、多くのライダーを魅了した。

GSX-R1100は、長い歴史を持つスポーツバイクであり、今も多くのライダーから愛されている。その魅力は、その強力なエンジンと軽量な車体、そしてシャープなハンドリングにある。GSX-R1100は、スポーツバイクの楽しさを存分に味わえるマシンである。

GSX-R1100のスペック

GSX-R1100のスペック

-GSX-R1100のスペック-

GSX-R1100は、1985年にスズキが発売したオートバイです。当時の最先端技術を駆使して開発されたGSX-R1100は、その優れた性能で瞬く間に人気車種となりました。GSX-R1100のスペックは、以下の通りです。

* 排気量1074cc
* 最高出力160ps/10,000rpm
* 最大トルク12.8kg-m/8,500rpm
* 車重222kg
* シート高775mm
* 燃料タンク容量20L

GSX-R1100のエンジンは、水冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒エンジンです。最高出力160ps、最大トルク12.8kg-mを発揮し、0-100km/h加速は3.3秒、最高速度は280km/h以上を誇ります。また、GSX-R1100はアルミフレームを採用し、車重は222kgと軽量に仕上げられています。

GSX-R1100は、その優れた性能で多くのライダーを魅了しました。1980年代後半から1990年代前半にかけては、スーパーバイクレースで活躍し、数多くのタイトルを獲得しました。また、GSX-R1100は現在でも多くのライダーに愛され続けており、中古車市場でも人気のあるモデルとなっています。

GSX-R1100のインプレッション

GSX-R1100のインプレッション

GSX-R1100のインプレッション

GSX-R1100は、1986年にスズキが発売したスーパースポーツバイクです。最高出力115馬力、最高速度250km/hという圧倒的な性能を誇り、当時としては最速のバイクでした。また、その洗練されたスタイリングも高く評価され、世界中のバイクファンを魅了しました。

GSX-R1100のインプレッションは、まさに圧倒的なものです。発進すると、その強力なエンジンが力強く加速し、まるでロケットに乗っているかのような感覚を味わえます。また、コーナーリング性能も抜群で、まるでレールの上を走っているかのような安定感があります。そして、そのスタイリッシュなデザインも、乗る者の気分を高揚させてくれます。

GSX-R1100は、まさにスーパースポーツバイクの王様と呼ぶにふさわしいバイクです。その圧倒的な性能と洗練されたスタイリングは、今もなお多くのバイクファンを魅了し続けています。

タイトルとURLをコピーしました