英類辞典<I>の特徴と使い方

スポンサーリンク

英類辞典<I>の特徴と使い方

英語類義語情報辞典<I>とは。

「英語類義語情報辞典<I>」とは、大修館書店が1993年に発行した英語辞典です。この辞典はリチャード・ショウスタックが著し、野沢聡子、石井順子、橋本桂子が翻訳しました。英語の類義語の意味の違いや用法の違いをさまざまな例文を使って説明しており、各項目の終わりには、知識を確認するための練習問題があります。

英類辞典<I>の特徴

英類辞典<I>の特徴

英類辞典の特徴は、言葉の類語を網羅していることです。類語は、意味が似ている言葉のことですが、同じ意味を持つ言葉ではありません。英類辞典は、意味が似ている言葉をグループ分けして掲載しており、それらの言葉の違いを解説しています。また、英類辞典は、言葉の使用例も掲載していることが多いです。使用例は、言葉がどのように使われているのかを示す例のことですが、英類辞典は、使用例を掲載することで、言葉の意味をより深く理解することができるようにしています。

英類辞典は、言葉の類語を網羅していることから、言葉の意味を深く理解したり、文章をより豊かにしたりするのに役立ちます。また、英類辞典は、言葉の使用例も掲載していることが多いので、言葉がどのように使われているのかを確認したり、文章をより自然にしたりするのに役立ちます。英類辞典は、言葉についてより深く理解したい人や、文章をより豊かにしたい人におすすめです。

英類辞典<I>の使い方

英類辞典<I>の使い方

– 英類辞典<I>の使い方

英類辞典<I>は、類義語や反意語を調べるのに便利な辞書です。使い方は簡単で、単語を引いて、その後の類義語や反意語を調べます。例えば、「happy」という単語を引くと、「cheerful」「joyful」「merry」などの類義語が、「sad」「unhappy」「depressed」などの反意語が載っています。

英類辞典<I>は、文章を書くときや、英語を話すときに、より適切な言葉を選ぶのに役立ちます。また、英語の語彙力を増やすのにも役立ちます。

英類辞典<I>を使うときには、以下の点に注意しましょう。

* 類義語や反意語は、必ずしも完全に同じ意味ではありません。微妙なニュアンスの違いがある場合があります。
* 類義語や反意語は、必ずしも同じ文法的な使い方をしません。例えば、「happy」と「cheerful」はどちらも「幸せな」という意味ですが、「happy」は形容詞として使われるのに対し、「cheerful」は形容詞としても副詞としても使われます。
* 類義語や反意語は、必ずしも同じ場面で使用されるわけではありません。例えば、「happy」はポジティブな場面で使用されるのに対し、「unhappy」はネガティブな場面で使用されます。

これらの点に注意して、英類辞典<I>を上手に使いこなしましょう。

英類辞典<I>の例文

英類辞典<I>の例文

英類辞典<I>の例文

英類辞典<I>には、英単語や熟語の例文が豊富に掲載されています。例文は、日常会話やビジネスシーン、学術論文など、さまざまな場面で使われるものなので、英単語や熟語の意味を正しく理解するのに役立ちます。また、例文は英文として読みやすくなっているため、英語の読解力向上にも役立ちます。

例えば、「achieve」という単語の例文は、「He achieved his goal of becoming a doctor.」のように掲載されています。この例文では、「achieve」が「達成する」という意味であることがわかります。また、「goal」が「目標」という意味であることもわかります。このように、例文を読むことで、英単語や熟語の意味を正しく理解することができます。

さらに、英類辞典<I>の例文は、英文として読みやすくなっているので、英語の読解力向上にも役立ちます。例えば、「The government announced a new policy to reduce poverty.」という例文は、英文として読みやすく、内容も理解しやすいです。このような例文をたくさん読むことで、英語の読解力が向上します。

英類辞典<I>の例文は、英単語や熟語の意味を正しく理解し、英語の読解力を向上させるのに役立ちます。英類辞典<I>を上手に利用して、英語学習に役立てましょう。

タイトルとURLをコピーしました