「八戸のくけまり」の歴史と魅力

スポンサーリンク

「八戸のくけまり」の歴史と魅力

八戸のくけまりとは。

八戸のくけまりは、青森県八戸市の郷土玩具です。紙や布きれを芯にして糸で巻いたまりで、カラフルで可愛らしい見た目が特徴です。

八戸のくけまりとは

八戸のくけまりとは

八戸のくけまりとは、青森県八戸市で伝承されている伝統的な球技です。起源は古く、鎌倉時代にはすでに存在していたとされています。現在は、毎年8月上旬に開催される「八戸八朔まつり」の中で行われています。

八戸のくけまりは、6人一組の2チームが、直径約20センチの布製のボールを蹴り合って得点を競うゲームです。コートは、長さ約25メートル、幅約15メートルの長方形で、中央にネットが張られています。

ゲームは、ボールを蹴って相手コートに送り、相手のチームがボールを返す前に、自分のチームがボールをキャッチするか、地面に落とすことで得点します。得点が入ると、そのチームがサービス権を得て、次のゲームを開始します。

八戸のくけまりは、単なる球技ではなく、豊作や無病息災を祈願する祭りとしての側面も持っています。そのため、ゲーム中は「エイ、エイ、オー」という掛け声が飛び交い、会場は熱気に包まれます。

八戸のくけまりは、八戸市の無形民俗文化財に指定されており、地域の人々にとって大切な伝統行事となっています。また、毎年多くの観光客が八戸を訪れて、この伝統的な球技を目当てに観戦しています。

八戸のくけまりの歴史

八戸のくけまりの歴史

八戸のくけまりの歴史は古く、その起源は平安時代まで遡ります。この競技は、もともと宮廷で行われていた蹴鞠が、庶民の間にも広まり、地域によって様々なバリエーションが生まれたと考えられています。八戸のくけまりもその一つで、鎌倉時代には八戸地方に伝わったとされています。

八戸のくけまりは、平安時代の蹴鞠と同様に、鹿革製の鞠を蹴り合いますが、そのルールは独特です。まず、八戸のくけまりは、1チーム6人の2チームに分かれて行われます。そして、鞠を蹴るのではなく、足を使って鞠を操ります。鞠を蹴ってはいけないというルールはなく、サッカーのように足で蹴ることもできますが、八戸のくけまりでは、基本的には足を使い、鞠をコントロールします。

八戸のくけまりのもう一つの特徴は、鞠を蹴り合うのではなく、鞠をコントロールして、相手チームの陣地に運び、陣地の奥にある「ゴール」にタッチすることです。八戸のくけまりでは、鞠を蹴り合うのではなく、鞠を相手陣地に運ぶことに重点が置かれています。

八戸のくけまりの魅力

八戸のくけまりの魅力

八戸のくけまりの魅力

八戸のくけまりは、その独特のルールと華やかな演舞で、多くの人を魅了しています。まず、八戸のくけまりのルールは、他の地域のくけまりとは大きく異なっています。八戸のくけまりでは、2チームに分かれて、それぞれが「くけまり」と呼ばれる鞠を蹴り合って、点数を競います。点数は、鞠を相手チームの陣地に蹴り入れたり、相手チームの陣地で鞠を捕まえると獲得することができます。また、八戸のくけまりでは、鞠を蹴った後、すぐに自分の陣地に帰らなければなりません。そのため、鞠を蹴った選手は、相手チームの攻撃をかわしながら、素早く自分の陣地に帰らなければなりません。このルールが、八戸のくけまりをよりスリリングで、エキサイティングなものにしています。

八戸のくけまりのもう一つの魅力は、その華やかな演舞です。八戸のくけまりでは、試合前の「舞納め」や、試合中の「舞うち」など、様々な演舞が行われます。これらの演舞は、八戸のくけまりをより華やかで、見応えのあるものにしており、多くの人を魅了しています。

八戸のくけまりは、その独特のルールと華やかな演舞で、多くの人を魅了している伝統的なスポーツです。八戸を訪れた際には、ぜひ八戸のくけまりを観戦してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました