「エイジャックス」の歴史と特徴

スポンサーリンク

「エイジャックス」の歴史と特徴

エイジャックスとは。

エイジャックスとは、イギリス海軍のキング・ジョージ5世級戦艦の初代で、1912年に進水し、1913年に就役した超弩級戦艦のことです。1924年に退役し、1926年にスクラップとして売却されました。

イギリス海軍の戦艦「エイジャックス」

イギリス海軍の戦艦「エイジャックス」

イギリス海軍の戦艦「エイジャックス」

「エイジャックス」は数多くの戦艦を保有していたイギリス海軍の戦艦の一つです。「エイジャックス」は1880年に進水し、1904年に退役するまでの24年間、イギリス海軍で活躍しました。

「エイジャックス」は全長120メートル、排水量10,820トン、速力16.5ノットでした。主砲は12インチ砲4門と6インチ砲10門を装備し、副砲は3ポンド砲8門と1ポンド砲4門を装備していました。

「エイジャックス」は1882年のアレクサンドリア砲撃に参加し、1885年のスーダン遠征にも参加しました。また、「エイジャックス」は1899年のボーア戦争にも参加し、1900年の義和団の乱にも参加しました。

「エイジャックス」は1904年に退役し、1906年に解体されました。しかし、「エイジャックス」の名はイギリス海軍の戦艦に引き継がれ、第二次世界大戦中には「エイジャックス」の名を冠した戦艦が活躍しました。

「エイジャックス」の特徴と武装

「エイジャックス」の特徴と武装

「エイジャックス」の特徴と武装

「エイジャックス」の最大の特徴は、その小さな車体に強力な武装を積んでいることです。主砲には、アメリカ製の105mm戦車砲M68を搭載しています。この砲は、対戦車ミサイルや榴弾砲の射撃にも対応できる多目的砲で、高い精度と威力を持っています。副武装には、7.62mm機関銃と12.7mm重機関銃を装備しており、歩兵や軽装甲車両に対する攻撃にも有効です。また、「エイジャックス」は、車体の前面と側面に装甲板を備えており、小火器や砲弾の破片から乗員を保護することができます。

「エイジャックス」のもう一つの特徴は、その高い機動性です。エンジンには、イギリス製のパーキンズ・コンヴェイター社製のCV12エンジンを搭載しており、最大出力は600馬力です。このエンジンにより、「エイジャックス」は、最高速度70km/h、航続距離600kmという高い機動性を発揮します。また、「エイジャックス」は、車体後部に油圧式のサスペンションを搭載しており、不整地でも高い走破性を確保しています。

「エイジャックス」の戦歴と退役

「エイジャックス」の戦歴と退役

-# 「エイジャックス」の戦歴と退役

「エイジャックス」は、第二次世界大戦中に活躍したアメリカ海軍の戦艦です。1934年に就役し、1942年の真珠湾攻撃で被害を受けながらも、修理後に太平洋戦争に参加しました。グアム、サイパン、硫黄島の戦いなどで活躍し、1945年に退役しました。

「エイジャックス」は、排水量27,000トン、全長200メートル、幅33メートル、吃水10メートル、速力27ノット、兵装は40口径14インチ砲12門、5インチ砲16門、40ミリ機関砲20門、20ミリ機関砲28門でした。

「エイジャックス」は、真珠湾攻撃で魚雷2発と爆弾1発が命中して大破しましたが、修理後に太平洋戦争に参加しました。グアム、サイパン、硫黄島の戦いなどで活躍し、1945年に退役しました。

「エイジャックス」は、第二次世界大戦中に活躍したアメリカ海軍の戦艦として、その名が知られています。

タイトルとURLをコピーしました