ボマイェの歴史と影響

スポンサーリンク

ボマイェの歴史と影響

ボマイェとは。

プロレスの技である「ボマイェ」は、助走をつけて片膝を打ち付ける打撃技です。日本人レスラーの中邑真輔が得意としており、2016年に米国プロレス団体WWEに移籍後、「キンシャサ・ニー・ストライク」に改称されました。

中邑真輔の必殺技ボマイェとは

中邑真輔の必殺技ボマイェとは

中邑真輔の必殺技ボマイェとは

中邑真輔の必殺技であるボマイェは、2002年にプロレスリング・ノアに参戦した際に開発された。その名の通り、ナイジェリア出身のプロレスラー、グレート・ボマイェが使用していたフィニッシュホールド「ボマイェ」を原型としている。ボマイェとはナイジェリアの言葉で「起きろ」という意味。中邑はこの技を「攻撃を避けて切り返し、相手を一気にマットに叩きつける技」と説明している。

ボマイェは中邑真輔の代名詞とも言える技であり、これまで数多くの試合でこの技で勝利を収めてきた。また、2016年にはWWEのスマックダウンでAJスタイルズを相手にこの技を披露し、大きな注目を集めた。ボマイェは中邑真輔の必殺技としてだけでなく、プロレス界全体でも屈指のフィニッシュホールドとして知られている。

ボマイェ誕生の秘話

ボマイェ誕生の秘話

-ボマイェ誕生の秘話-

ボマイェは、1983年にアメリカ合衆国で生まれたボクシングのチャンピオンであるマイク・タイソンが、勝利を収めた後にリング上で発するようになったフレーズである。このフレーズは、タイソンの母国であるアメリカの黒人社会で用いられていたスラングであり、もともと「力をすべて出し尽くした」という意味であった。

タイソンは、1986年にボクシング界の頂点であるヘビー級のタイトルを獲得し、史上最年少でのタイトル獲得という偉業を成し遂げた。この頃から、タイソンはリング上で勝利を収めるたびに「ボマイェ」と叫ぶようになり、このフレーズはタイソンの代名詞となった。

「ボマイェ」というフレーズは、瞬く間に大衆の間で人気を博し、やがて世界中で知られるようになった。このフレーズは、タイソンの強さと勝利への執念を象徴するものとして捉えられ、多くのスポーツ選手や芸能人がタイソンの真似をして「ボマイェ」と叫ぶようになった。

「ボマイェ」というフレーズは、タイソンがボクシング界を席巻した1980年代に、最も有名なフレーズの1つとなった。このフレーズは、タイソンの強さと勝利への執念を象徴するものとして捉えられ、多くのスポーツ選手や芸能人がタイソンの真似をして「ボマイェ」と叫ぶようになった。

WWE移籍後のキンシャサ・ニー・ストライク

WWE移籍後のキンシャサ・ニー・ストライク

WWE移籍後のキンシャサ・ニー・ストライク

キンシャサ・ニー・ストライクは、WWEに移籍した後のボマイェにとって、より破壊的なフィニッシャーとなった。WWEでは、ボマイェはより肉厚なレスラーと対戦することが多くなり、そのため、より強力なフィニッシャーが必要となった。キンシャサ・ニー・ストライクは、ボマイェが相手のあごに強力なニー・ストライクを放つ技で、多くの対戦相手をノックアウトしてきた。

WWEでのキンシャサ・ニー・ストライクの最も有名な使用例は、2016年のレッスルマニア32でのロマン・レインズとのWWE世界ヘビー級選手権戦である。この試合で、ボマイェはキンシャサ・ニー・ストライクでレインズをノックアウトし、WWE世界ヘビー級王座を獲得した。この勝利は、ボマイェのキャリアにおける最大の勝利の一つであり、キンシャサ・ニー・ストライクをWWEで最も恐れられるフィニッシャーの一つにした。

キンシャサ・ニー・ストライクは、ボマイェがWWEで成功を収めるために不可欠な技となった。この技は、ボマイェを強力なストライカーとして確立し、多くの対戦相手を倒すのに役立った。また、キンシャサ・ニー・ストライクは、ボマイェの試合をよりエキサイティングなものにし、ファンを魅了するのに貢献した。

タイトルとURLをコピーしました