ヤマハの名車、「SRX600」の魅力!

スポンサーリンク

ヤマハの名車、「SRX600」の魅力!

SRX600とは。

SRX600とは、1985年からヤマハ発動機が製造・販売したオートバイです。排気量は608ccで、大型自動二輪車に分類されます。エンジンは空冷4ストローク単気筒SOHCで、カウルを装着しないロードスポーツモデルです。ヤマハのロングセラーであるSRシリーズに比べて、運動性能が高く、走行を楽しめるバイクです。

SRX600の歴史と背景

SRX600の歴史と背景

ヤマハの名車、「SRX600」の魅力!

SRX600の歴史と背景

ヤマハのSRX600は、1985年に発売されたネイキッドスポーツバイクです。ヤマハのフラッグシップモデルである「FZ750」のエンジンをベースに開発されたSRX600は、水冷4ストローク並列4気筒エンジンを搭載し、最高出力59馬力を発揮しました。また、アルミ合金製のフレームを採用するなど、軽量でスポーティーな車体が特徴でした。SRX600は、そのスタイリッシュなデザインと軽快な走行性能で人気を博し、1997年まで生産されました。

SRX600が開発された背景には、ヤマハが1980年代にネイキッドスポーツバイク市場に参入したいと考えていたことがあります。当時、ネイキッドスポーツバイクはスズキの「GSX-R400」やホンダの「CBX400F」などのモデルが人気を集めており、ヤマハもこの市場に参入することで販売台数の拡大を狙っていました。また、SRX600はヤマハのフラッグシップモデルである「FZ750」のエンジンをベースに開発されたことで、高い走行性能が期待されていました。

SRX600は、そのスタイリッシュなデザインと軽快な走行性能で人気を博し、1997年まで生産されました。SRX600は、ヤマハのネイキッドスポーツバイク市場参入を成功させたモデルとして、現在でも多くのファンに愛されています。

SRX600の性能と特徴

SRX600の性能と特徴

SRX600の性能と特徴

SRX600は、1985年にヤマハ発動機から発売された、水冷4ストローク単気筒エンジンを搭載したロードスポーツです。1960年代のヤマハ製単気筒エンジンを搭載したロードスポーツ、TX650のコンセプトを現代の技術で復刻したモデルです。

SRX600のエンジンは、空冷単気筒のTX650とは異なり、水冷式DOHC単気筒4バルブエンジンを採用しています。排気量594ccで、最高出力43PS/8,000rpm、最大トルク4.8kgf・m/7,000rpmを発生します。SRX600のエンジンは、単気筒ながら比較的スムーズな回転フィールと、力強いトルクが特徴です。

SRX600の車体は、ダブルクレードルフレームに、テレスコピックフロントフォーク、コンベンショナルリアサスペンションを採用したオーソドックスな構成です。ホイールは前後17インチで、フロントブレーキはシングルディスク、リアブレーキはドラムブレーキが標準装備されています。SRX600の車体は、軽量で取り回しがよく、街乗りからワインディングまで、幅広いシチュエーションで楽しめるモデルです。

SRX600に乗るための注意点

SRX600に乗るための注意点

SRX600に乗るための注意点

SRX600は、乗りやすさとスポーティな走りを両立したバイクですが、いくつか注意すべき点があります。

一つは、SRX600は比較的重たいバイクであるということです。そのため、取り回しやUターンなどの低速走行時には、慣れるまで注意が必要です。特に、女性や初心者の方は、SRX600の取り回しを練習してから乗るようにしましょう。

また、SRX600は、空冷式のエンジンを搭載しています。そのため、夏場などはエンジンの熱を帯びやすく、長時間乗っていると熱ダレを起こすことがあります。熱ダレを防ぐためには、こまめに休憩を取ったり、ラジエーターカバーを取り付けたりするなどの対策が必要です。

さらに、SRX600は、フロントブレーキがシングルディスクであるため、ブレーキング時にはリアブレーキを併用する必要があります。特に、雨天時や路面が滑りやすい場所では、フロントブレーキとリアブレーキをバランスよく使って、転倒を防ぐようにしましょう。

最後に、SRX600は、古いバイクであるため、故障のリスクがあります。そのため、定期的なメンテナンスを欠かさずに行う必要があります。特に、エンジンオイルやブレーキオイルなどの消耗品の交換は、必ず指定された時期に行うようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました