焼酎「十二萬七千七百五十」の秘密と魅力

スポンサーリンク

焼酎「十二萬七千七百五十」の秘密と魅力

十二萬七千七百五十とは。

「十二萬七千七百五十」とは鹿児島県にある濱田酒造が製造する、本格麦焼酎の商品名です。黒麹を原料として仕込まれており、こだわりの高い本格焼酎として知られています。

黒麹仕込の本格麦焼酎

黒麹仕込の本格麦焼酎

-黒麹仕込の本格麦焼酎-

十二萬七千七百五十の最大の特徴は、黒麹仕込であることです。黒麹は、麦焼酎作りに欠かせない麹菌の一種で、麦のデンプンを糖に変える役割を果たしています。黒麹仕込の麦焼酎は、白麹仕込の麦焼酎に比べて、より芳醇でコクのある味わいになるのが特徴です。

また、十二萬七千七百五十は、麦本来の旨味を引き出すために、麦を低温で長時間発酵させています。このことで、麦の甘みや香りをしっかりと感じることができる麦焼酎に仕上がっています。

十二萬七千七百五十は、ロックや水割り、お湯割りなど、さまざまな飲み方で楽しむことができます。ロックで飲むと、麦の芳醇な香りとコクをダイレクトに味わうことができます。水割りやハイボールにすると、麦の甘みや香りをより軽やかに楽しむことができます。また、お湯割りにすると、麦の柔らかな風味を楽しむことができます。

鹿児島県、濱田酒造の逸品

鹿児島県、濱田酒造の逸品

鹿児島県、濱田酒造の逸品

鹿児島県の南端、指宿市にある濱田酒造は、創業1866年の老舗焼酎蔵です。この蔵元が手掛ける焼酎「十二萬七千七百五十」は、その名の通り、12万7750本の焼酎を仕込んだタンクから生まれる焼酎です。

この焼酎は、原料となるさつまいもを丁寧に手作業で仕込み、長期熟成させることで、まろやかで芳醇な味わいに仕上がっています。また、この焼酎の大きな特徴は、その高いアルコール度数にあります。なんと、アルコール度数は45度もあり、通常の焼酎よりもはるかに高いのです。

この高いアルコール度数は、濱田酒造の独自の製法によって実現されています。通常、焼酎はアルコール度数を調整するために水で割りますが、この焼酎は水で割らずにそのまま瓶詰めされます。そのため、アルコール度数が高く、飲み応えのある焼酎に仕上がっているのです。

この焼酎は、その高いアルコール度数から、ロックやストレートで飲むのがおすすめです。また、水割りやソーダ割りにしてもおいしくいただけます。ぜひ、鹿児島県、濱田酒造の逸品「十二萬七千七百五十」を味わってみてはいかがでしょうか。

ロックや水割りに最適なお酒

ロックや水割りに最適なお酒

ロックや水割りに最適な焼酎「十二萬七千七百五十」とは、

「十二萬七千七百五十」は、ロックや水割りに最適なお酒です。ロックでは、まろやかな口当たりとすっきりとした後味を楽しめ、水割りでは、焼酎の香りを引き立てつつ、飲みやすくなります。焼酎本来の味わいを堪能したい方におすすめです。

「十二萬七千七百五十」は、鹿児島県産のさつま芋「黄金千貫」を原料に使用し、常圧蒸留で仕上げた本格焼酎です。黄金千貫は、甘みが強く、香りが良いのが特徴です。常圧蒸留は、もろみを高温で蒸留する方法で、焼酎にしっかりとしたコクと旨味を与えます。

「十二萬七千七百五十」は、アルコール度数25度の飲みやすい焼酎です。ロックや水割りにするほか、お湯割りやハイボールにしても美味しく飲めます。また、料理にも使いやすい焼酎です。刺身や焼き鳥など、和食はもちろん、洋食や中華にもよく合います。

「十二萬七千七百五十」は、鹿児島県産のさつま芋と米麹を原料に使用した、本格芋焼酎です。アルコール度数25度で、ロックや水割りに最適なお酒です。まろやかな口当たりとすっきりとした後味を楽しめます。焼酎本来の味わいを堪能したい方におすすめです。

タイトルとURLをコピーしました