「こいおまち」の秘密

スポンサーリンク

「こいおまち」の秘密

こいおまちとは。

こいおまちは、酒造好適米の品種のひとつで、広島県立農業技術センターが1977年から育成を始め、1996年に品種登録されたものです。

改良雄町と関東98号(ニホンマサリ)を掛け合わせて作られた交配種で、改良雄町の倒伏しやすさを改善し、早熟化を図ることを目的として開発されました。

改良雄町の耐倒伏性強化と早熟化を目的に育成された品種

改良雄町の耐倒伏性強化と早熟化を目的に育成された品種

「改良雄町の耐倒伏性強化と早熟化を目的に育成された品種」

改良雄町は、雄町の耐倒伏性強化と早熟化を目的として育成された品種です。雄町は、酒米として知られる品種ですが、倒れやすく、熟期が遅いという欠点がありました。改良雄町は、これらの欠点を改良し、安定した収量と良質な酒米を得られる品種として育成されました。

改良雄町は、雄町よりも耐倒伏性が強く、熟期が約10日早くなりました。また、雄町よりも穂が短く、穂重が軽いため、倒伏しにくくなっています。改良雄町は、雄町よりも栽培しやすく、安定した収量を得ることができる品種です。

改良雄町は、酒米として使用されるほか、食用米としても使用されています。改良雄町は、雄町よりも粘りが強く、食味が良いとされています。改良雄町は、酒米としても食用米としても人気のある品種です。

1996年に品種登録された

1996年に品種登録された

1996年に品種登録された

「こいおまち」の由来は、恋野町の「恋」と「恋する乙女」の「おまち」を組み合わせたものです。育成者は、恋野町出身の農業技術者である小間井重雄氏です。小間井氏は、1980年代に「恋野29号」という品種を育成しましたが、この品種は食味が良くなかったため、市場に出回りませんでした。その後、小間井氏は「恋野29号」を改良して「こいおまち」を育成しました。「こいおまち」は、食味が良く、栽培しやすい品種として、1996年に品種登録されました。

「こいおまち」は、コシヒカリと森のくまさんを交配して育成された品種です。コシヒカリは、食味が良いことで知られる品種で、森のくまさんは、耐冷性と耐病性に優れた品種です。「こいおまち」は、コシヒカリの食味と、森のくまさんの耐冷性と耐病性を兼ね備えた品種として、多くの農家に栽培されています。

タイトルとURLをコピーしました