「満寿満寿」の由来と特徴

スポンサーリンク

「満寿満寿」の由来と特徴

満寿満壽とは。

満寿満壽は、大阪府大阪市にある鮎心堂ちもとが作っているおまんじゅうです。こしあんを饅頭生地で包み、升の形に焼いて作られています。

「満寿満寿」誕生の経緯

「満寿満寿」誕生の経緯

「満寿満寿」誕生の経緯

「満寿満寿」は、1904年(明治37年)に創業した老舗和菓子店「満寿堂」の看板商品です。その誕生には、あるエピソードがあります。

ある日、満寿堂の創業者である満寿さんは、お茶会に出席しました。そこで出されたお菓子が、あまりにも甘すぎて、満寿さんの口には合いませんでした。

満寿さんは、もっと上品で、甘さ控えめのお菓子を作りたいと考えました。そして、試行錯誤の末、現在の「満寿満寿」が誕生しました。

「満寿満寿」は、小豆餡を餅で包み、それを黄粉でまぶしたお菓子です。小豆餡は、北海道産の厳選された小豆を使用しており、甘さ控えめで上品な味わいです。餅は、国産の餅米を丁寧に搗いていて、柔らかくもちもちとした食感です。黄粉は、京都産の黄粉を使用しており、香ばしい香りが特徴です。

「満寿満寿」は、その上品な味わいと、香ばしい香りで、瞬く間に人気となりました。そして、現在では、満寿堂を代表する銘菓として、全国各地で愛されています。

「満寿満寿」の特徴と製法

「満寿満寿」の特徴と製法

「満寿満寿」の特徴と製法

「満寿満寿」は、北海道のお菓子として広く知られていますが、その特徴は、まず、その丸い形にあります。この丸い形は、満寿満寿の原型である「満寿糖」に由来します。満寿糖は、満寿満寿よりも小さく、丸い形をしたお菓子で、その形が満月のようであることから、満寿糖と名付けられました。満寿満寿は、満寿糖を改良して作られたお菓子であり、満寿糖よりも大きく、中に餡が入っています。

満寿満寿のもう一つの特徴は、その製法にあります。満寿満寿は、小麦粉、砂糖、バター、卵、餡などを混ぜ合わせて作られますが、その中でも、特に重要なのが、生地の作り方です。満寿満寿の生地は、何度も折りたたんで層を作ることで、サクサクとした食感になります。この折りたたみ作業は、非常に手間がかかりますが、満寿満寿の美味しさを引き出すためには不可欠な工程です。

満寿満寿は、その特徴的な形と製法によって、多くの人から愛されるお菓子となっています。北海道のお土産としても人気が高く、全国各地で販売されています。

「満寿満寿」の楽しみ方

「満寿満寿」の楽しみ方

「満寿満寿」の楽しみ方

「満寿満寿」の楽しみ方は、人それぞれです。そのまま食べるのが好きな人もいれば、アレンジして楽しむ人もいます。ここでは、「満寿満寿」をより楽しむためのいくつかのアイデアをご紹介します。

* -「満寿満寿」を温めて食べる。-「満寿満寿」は、温かくても冷たくてもおいしく食べることができますが、温かくしたほうが、より柔らかく、もちもちとした食感になります。電子レンジで温めたり、オーブントースターで軽く焼いたりするのがおすすめです。
* -「満寿満寿」に餡子やクリームを挟む。-「満寿満寿」は、そのまま食べてもおいしいですが、餡子やクリームを挟んでアレンジしてもおいしく食べることができます。お好みの餡子やクリームを挟んで、自分好みの「満寿満寿」を作りましょう。
* -「満寿満寿」を揚げる。-「満寿満寿」は、揚げてもおいしく食べることができます。油で揚げると、カリッとした食感になり、香ばしさが増します。揚げた「満寿満寿」は、そのまま食べたり、餡子やクリームを挟んだりして食べるのがおすすめです。
* -「満寿満寿」をトーストする。-「満寿満寿」は、トーストしてもおいしく食べることができます。トーストすると、表面がカリッとして、中はふわふわになります。トーストした「満寿満寿」は、ジャムやバターを塗ったり、ハムやチーズを挟んだりして食べるのがおすすめです。

「満寿満寿」は、アレンジ次第で、さまざまな楽しみ方ができます。ぜひ、自分好みの「満寿満寿」の食べ方を見つけてみてください。

タイトルとURLをコピーしました