「849 マリニエール」の由来と魅力

スポンサーリンク

「849 マリニエール」の由来と魅力

849 マリニエールとは。

「849 マリニエール」は、スイスの文房具メーカー、カランダッシュ社のボールペンのシリーズ「849コレクション」の一つで、水兵をイメージしたデザインが特徴です。

849 マリニエールの誕生秘話

849 マリニエールの誕生秘話

849 マリニエールの誕生秘話

849 マリニエールは、1858 年にフランス海軍が正式に採用したボーダー柄のセーターです。このセーターは、当初は「tricot rayé(トリコロール)」と呼ばれていましたが、後に「Marinière(マリニエール)」と呼ばれるようになりました。マリニエールは、フランス海軍の船員の間で広く愛され、やがてフランスの国民的ファッションアイテムとなりました。

マリニエールの誕生には、興味深い逸話があります。1858 年当時、フランス海軍は、船員が着用するセーターを公募しました。この公募に応募したある若い女性が、ボーダー柄のセーターをデザインしました。このセーターは、フランス海軍の採用基準を満たし、正式に採用されることとなりました。この若い女性が、マリニエールの生みの親なのです。

マリニエールのボーダー柄には、いくつかの説があります。一説によると、ボーダー柄は、船員が海上で遭難したときに、捜索しやすいようにするためだと言われています。また、ボーダー柄は、船員が着用するセーターの強度を高めるために採用されたという説もあります。いずれにしても、マリニエールのボーダー柄は、フランス海軍の船員の間で広く愛され、やがてフランスの国民的ファッションアイテムとなりました。

筆記具としての機能と使い心地

筆記具としての機能と使い心地

筆記具としての機能と使い心地

「849 マリニエール」は、そのペン先の滑らかさと、書き心地の良さで知られています。ペン先は、硬度の異なる18Kゴールドで作られており、万年筆、ボールペン、ローラーボールなど、さまざまなタイプがあります。万年筆のペン先は、柔軟性があり、筆圧に応じて線の太さを変えることができます。ボールペンは、インクの交換が簡単で、滑らかな書き心地が特徴です。ローラーボールは、万年筆とボールペンの両方の特徴を兼ね備えており、滑らかな書き心地と鮮やかな発色が魅力です。

「849 マリニエール」のもう一つの特徴は、その使い勝手の良さです。ペン軸は、細身のデザインで、持ちやすく、長時間書いていても疲れにくい設計になっています。また、クリップがしっかりと書類を挟むことができるので、持ち運びにも便利です。

「849 マリニエール」は、その機能性と使い勝手の良さで、世界中の多くの作家やアーティストに愛されています。

カランダッシュ社の歴史と伝統

カランダッシュ社の歴史と伝統

-カランダッシュ社の歴史と伝統-

カランダッシュ社は、1915年にスイスのジュネーブで創業された筆記具メーカーです。創業者は、アルフォンス・カランダッシュ氏で、氏はもともとはロシアのサンクトペテルブルクで鉛筆工場を経営していました。しかし、第一次世界大戦の影響で工場が閉鎖され、氏はスイスに亡命し、カランダッシュ社を設立しました。

カランダッシュ社は創業以来、高品質の筆記具を製造することで知られており、世界中の多くの愛好家から支持されています。同社の製品は、その美しいデザインと優れた書き心地で、多くの賞を受賞しています。

カランダッシュ社は、筆記具の製造だけでなく、芸術活動にも力を注いでいます。同社は、多くの芸術家やデザイナーとコラボレーションしており、限定品の筆記具やアート作品を数多く発表しています。また、同社はジュネーブに美術館を設立し、貴重な筆記具やアート作品を展示しています。

カランダッシュ社は、創業以来100年以上経った今でも、その伝統と革新の精神を守り続けています。同社の製品は、世界中の多くの愛好家から愛されており、今後もその人気は衰えることなく続いていくでしょう。

タイトルとURLをコピーしました