幻のお米「野条穂」復活物語

スポンサーリンク

幻のお米「野条穂」復活物語

野条穂とは。

野条穂は酒造好適米の一種です。野条穂16号として知られ、1933年に兵庫県立農事試験場で開発されました。一時的に栽培が途絶えていましたが、2001年に復活しました。在来品種の奈良穂から発見された変わり穂を純系選抜して生まれたお米です。

野条穂の歴史と復活までの道のり

野条穂の歴史と復活までの道のり

「野条穂の歴史と復活までの道のり」

野条穂は、かつて東北地方で栽培されていた幻のお米です。野性味のある香りが特徴で、味はもちもちとして歯ごたえがあるのが特徴です。しかし、収量性が低く、栽培が難しかったため、1900年代初頭には絶滅してしまいました。

野条穂の復活の取り組みは、1990年代に始まりました。山形県の農家、佐藤さんが、野条穂の種子を譲り受け、栽培を始めました。しかし、野条穂は栽培が難しく、当初は失敗続きでした。しかし、佐藤さんは諦めずに栽培を続け、ついに2000年に野条穂を復活させることに成功しました。

佐藤さんは、野条穂を復活させた後、その種子を他の農家に配布し、野条穂の栽培を広めました。現在では、山形県を中心に、野条穂を栽培する農家が増えています。野条穂は、その独特の香りと味で、多くの人に愛されるお米となっています。

野条穂の特徴と魅力

野条穂の特徴と魅力

野条穂の特徴と魅力

 野条穂は、大粒で俵型という特徴があるお米です。一般的に流通しているお米よりも粒が大きく、また、甘みと粘りが強いのが特徴です。その味は、もち米のようなもちもちとした食感もありながら、適度な粘りがあり、口の中でほぐれやすく、食べやすいのが特徴です。
 また、野条穂は、冷めても美味しいお米として知られています。お弁当やおにぎりにしても美味しくいただけるので、ランチタイムにもおすすめです。
 野条穂は、その特徴と魅力から、多くの料理に適しています。炊きたてのご飯はもちろん、おにぎり、お弁当、チャーハン、雑炊、リゾットなど、様々な料理に使用することができます。
 また、野条穂は、日本酒造りにも使用されるお米です。野条穂で造られた日本酒は、上品で華やかな香りと、まろやかな味わいが特徴です。
 野条穂は、その特徴と魅力から、多くの人々に愛されているお米です。近年では、幻のお米といわれるほど希少価値が高まっており、入手が困難な場合もあります。しかし、その希少価値だからこそ、一度は食べてみたいお米です。

野条穂を使った日本酒「野条穂の雫」

野条穂を使った日本酒「野条穂の雫」

野条穂を使った日本酒「野条穂の雫」

野条穂を使った日本酒「野条穂の雫」は、幻のお米「野条穂」を100%使用した純米吟醸酒です。野条穂は、江戸時代前期に播種されたとされる幻のお米で、岡山県新見市周辺の限られた地域でのみ栽培される希少な品種です。野条穂の雫は、野条穂の持つ豊かな香りと味わいを最大限に引き出すために、職人が丹精込めて醸造しています。

野条穂の雫は、口に含むと、野条穂の持つ華やかな香りと、まろやかな甘みが広がります。後味もすっきりとしており、ついつい飲みすぎてしまうほどのおいしさです。野条穂の雫は、おつまみを選ばず、どんな料理にも合う万能なお酒です。

野条穂の雫は、現在、岡山県内の酒販店や飲食店などで販売されています。また、インターネットでも購入することができます。野条穂の雫は、幻のお米「野条穂」を使った希少なお酒ですが、価格はリーズナブルです。ぜひ一度、野条穂の雫を味わってみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました