幻のアサツキ「八ツ房」の秘密

スポンサーリンク

幻のアサツキ「八ツ房」の秘密

八ツ房とは。

福島県二本松市で作られる晩生種のアサツキが八ツ房です。

八ツ房の歴史と由来

八ツ房の歴史と由来

八ツ房の歴史と由来

八ツ房は、愛知県西尾市の一色町で栽培されているアサツキの品種です。江戸時代から栽培されており、その独特な風味と食感が特徴です。八ツ房という名前の由来は、一株から8房のアサツキが収穫できることに由来しています。八ツ房は、一色町の特産品であり、地元では「一色アサツキ」とも呼ばれています。

八ツ房は、平安時代から朝廷に献上されていたとされており、その歴史は古いです。江戸時代には、尾張藩の藩主である徳川宗春が八ツ房を気に入り、一色町に八ツ房の栽培を奨励しました。八ツ房は、徳川宗春の庇護のもとで栽培され、その名声は全国に広まりました。

明治時代になると、八ツ房は海外にも輸出されるようになりました。八ツ房は、その独特な風味と食感が外国人の舌にも合い、好評を博しました。八ツ房は、日本のアサツキの代表的な品種として、世界中で親しまれるようになりました。

しかし、昭和40年代以降、八ツ房の栽培面積は減少しました。その理由は、都市化の進展や農業人口の減少などです。八ツ房は、栽培に手間がかかるため、都市部では栽培が難しくなりました。また、農業人口の減少により、八ツ房の栽培を担う人が少なくなりました。

現在、八ツ房の栽培面積は、ピーク時の10分の1以下にまで減少しています。八ツ房は、幻のアサツキと呼ばれるようになりました。しかし、一色町では、八ツ房の栽培を復活させようと努力しています。一色町では、八ツ房の栽培講習会を開催したり、八ツ房の直売所を開設したりしています。

八ツ房は、一色町の特産品であり、その歴史と由来は古いです。八ツ房は、独特な風味と食感を持つアサツキの品種です。八ツ房は、幻のアサツキと呼ばれていますが、一色町では、八ツ房の栽培を復活させようと努力しています。

八ツ房の特徴と味わい

八ツ房の特徴と味わい

八ツ房の特徴と味わい

八ツ房は、葉が8本に分かれたことからその名が付けられたアサツキです。一般的なアサツキは5~6本に分かれていますが、八ツ房はそれよりも多いのが特徴です。また、葉が太く、肉厚で、根元まで柔らかく食べることができます。

八ツ房の味わいは、一般的なアサツキよりも甘みが強く、香りが良いのが特徴です。また、辛みが少なく、食べやすいのも魅力です。八ツ房は、薬味としてだけでなく、炒め物や煮物などの料理にもよく使われます。

八ツ房は、主に青森県や岩手県で栽培されており、春先に出荷されます。八ツ房は、保存性が低いため、手に入ったら早めに食べるのがおすすめです。

八ツ房は、独特の甘みと香りがあることから、根強い人気を誇るアサツキです。薬味としてはもちろん、料理の食材としても活躍します。八ツ房を見かけたら、ぜひ一度お試しください。

八ツ房の食べ方とレシピ

八ツ房の食べ方とレシピ

八ツ房の食べ方とレシピ

八ツ房は、生でも加熱しても美味しくいただけます。生で食べる場合は、サラダや刺身のつまとして。加熱する場合は、天ぷら、炒め物、汁物などさまざまな料理に使用できます。

八ツ房の天ぷら

八ツ房の天ぷらは、サクサクとした食感と、ほのかな甘みが特徴です。天ぷらにすることで、八ツ房の甘みがより一層引き立ちます。

八ツ房の炒め物

八ツ房の炒め物は、簡単で手軽に作れる一品です。八ツ房をサッと炒め合わせるだけで、シャキシャキとした食感の炒め物が完成します。

八ツ房の汁物

八ツ房の汁物は、八ツ房の旨味を存分に味わえる一品です。八ツ房をだし汁で煮込んで、みそや醤油で味を調えれば完成です。

八ツ房を使ったレシピ

八ツ房は、さまざまな料理に使用できるので、レシピは豊富にあります。ここでは、八ツ房を使ったおすすめのレシピをご紹介します。

八ツ房のサラダ

八ツ房のサラダは、八ツ房のシャキシャキとした食感が楽しめる一品です。八ツ房を一口大に切り、ドレッシングをかけて混ぜ合わせます。

八ツ房の天ぷら

八ツ房の天ぷらは、八ツ房の甘みが引き立つ一品です。八ツ房を一口大に切り、天ぷら粉をまぶして揚げます。

八ツ房の炒め物

八ツ房の炒め物は、八ツ房の旨味を存分に味わえる一品です。八ツ房を一口大に切り、油で炒めます。

八ツ房の汁物

八ツ房の汁物は、八ツ房の優しい甘みが楽しめる一品です。八ツ房を一口大に切り、だし汁で煮込みます。

タイトルとURLをコピーしました