「スコッチ ドラフティングテープ」の秘密

スポンサーリンク

「スコッチ ドラフティングテープ」の秘密

スコッチ ドラフティングテープとは。

スコッチ ドラフティングテープは、3Mが製造する粘着テープのブランド名です。「Scotch」シリーズの仮止め用の紙テープのことです。日本では、3Mジャパンが販売しています。

「スコッチ ドラフティングテープ」が誕生した経緯

「スコッチ ドラフティングテープ」が誕生した経緯

「スコッチ ドラフティングテープ」が誕生した経緯

1923年、3M社の創業者であるウィリアム・L・マクナイトは、地元の自動車工場を訪れた際に、作業員が図面の修正に時間がかかっていることに気づきました。そこで、マクナイトは図面の修正を簡単に行えるテープを開発することを思いついたのです。

マクナイトは、3M社の研究者であるリチャード・G・ドリューに、このテープの開発を依頼しました。ドリューは、すぐに研究を開始し、1925年に「スコッチ セロハン テープ」を開発しました。このテープは、すぐに製図業界で人気を博し、やがて「スコッチ ドラフティングテープ」として知られるようになりました。

「スコッチ ドラフティングテープ」は、図面の修正を簡単に行えるだけでなく、図面を保護する役割も果たします。そのため、製図業界だけでなく、建築業界やエンジニアリング業界などでも広く使用されるようになりました。

「スコッチ ドラフティングテープ」は、その後も改良が続けられ、現在はさまざまな種類が販売されています。その中でも、特に人気が高いのが「スコッチ マジックテープ ドラフティングテープ」です。このテープは、手で簡単に切れるため、作業性がよく、また、修正した部分が目立ちにくいという特徴があります。

「スコッチ ドラフティングテープ」は、誕生から約100年経った今でも、多くの業界で愛用され続けています。その使いやすさや耐久性、そして修正した部分が目立ちにくいという特徴が、長年支持されている理由です。

「スコッチ ドラフティングテープ」の特徴と用途

「スコッチ ドラフティングテープ」の特徴と用途

「スコッチ ドラフティングテープ」は、建築、エンジニアリング、デザインなどの分野で広く使用されているテープの一種です。ドラフティングテープの特徴は、半透明で薄く、破れにくく、書き込みや描き込みがしやすい点です。また、粘着力が強いため、固定する力が強く、剥がしても跡が残りにくいのも特徴です。用途としては、製図や設計図の作成、ポスターや看板の作成、梱包やラッピングなど、さまざまな場面で使用されています。ドラフティングテープは、その特徴と用途の広さから、多くの人々に愛用されています。

「スコッチ ドラフティングテープ」の使い方

「スコッチ ドラフティングテープ」の使い方

-「スコッチ ドラフティングテープ」の使い方-

「スコッチ ドラフティングテープ」は、設計や製図に適した、薄くて透明なテープです。使い方は簡単で、テープを図面に貼り付け、鉛筆やペンで線を描くだけです。テープは接着力が弱いため、簡単に剥がすことができ、図面を汚さずに何度も修正することができます。また、テープは透明なので、図面を写したり、複写したりする際にも便利です。

「スコッチ ドラフティングテープ」を使うことで、設計や製図の作業効率がアップします。また、図面を汚さずに何度も修正できるので、ミスを減らすことができます。さらに、テープは透明なので、図面を写したり、複写したりする際にも便利です。

「スコッチ ドラフティングテープ」は、設計や製図に欠かせないアイテムです。使い方は簡単で、作業効率がアップし、ミスを減らすことができます。ぜひ、設計や製図の際に「スコッチ ドラフティングテープ」を使ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました