「会津みしらず柿」の甘さと魅力

スポンサーリンク

「会津みしらず柿」の甘さと魅力

会津みしらず柿とは。

会津みしらず柿とは、福島県会津若松市で育てられている渋柿です。渋を抜いた後の甘さは強く、果肉は歯ごたえが良く、古くからこの地で栽培されてきた良質な柿であり、皇室にも献上されています。

会津藩主が将軍に献上した際に、将軍が「今までこんなにおいしい柿は食べたことがない」と賞賛したことに由来する説や、たわわに実る柿を自分の枝が折れるほど実らせてしまうことから「みしらず」という名前がつけられた説、そのおいしさのために食べるのを止められずに、我を忘れて食べてしまうことから「みしらず」というようになった説など、その名の由来には諸説あります。

「会津みしらず柿」は「身不知柿」とも表記されます。

会津みしらず柿の由来と歴史

会津みしらず柿の由来と歴史

会津みしらず柿の由来と歴史
会津の風土が生み出した甘柿の逸品「会津みしらず柿」は、江戸時代初期の1653年に、会津若松市河東町塩川で生まれたとされています。とある農家の柿畑に突然変異で生まれた実が、甘くて美味しいことで評判となり、「会津みしらず柿」と名づけられました。その後、会津地方で広く栽培されるようになり、現在も会津を代表する特産品として親しまれています。会津みしらず柿は、甘さと渋みのバランスが絶妙で、果肉が柔らかく芳醇な香りが特徴です。収穫期は10月下旬から11月上旬で、木から落ちてきた実を一つ一つ丁寧に収穫します。会津みしらず柿は、そのまま食べても美味しいですが、干柿や柿ようかん、柿酢など、様々な加工品にも利用されています。

会津みしらず柿の甘さと食味の特徴

会津みしらず柿の甘さと食味の特徴

会津みしらず柿の甘さと食味の特徴

会津みしらず柿はその名の通り、食べれば誰もが「知らなかった」と驚くほど甘く、濃厚な味わいととろけるような食感が特徴です。柿なのに渋みがなく、まるで果実を食べているかのような感覚で食べることができます。そのため、柿が苦手な方でも食べやすく、子どもからお年寄りまで幅広く愛されています。

また、会津みしらず柿は栄養価も豊富です。ビタミンC、カリウム、リン、カルシウムなどが含まれており、健康維持にも役立ちます。特に、ビタミンCは風邪予防や免疫力を高める効果があると言われており、冬の時期に積極的に摂りたい果物です。

会津みしらず柿は、そのまま食べるだけでなく、さまざまな料理にも使うことができます。サラダに入れたり、ジャムやケーキなどのスイーツにしたりと、幅広く活用できます。また、会津みしらず柿を干した柿は、さらに甘味が増して、また違った味わいを楽しむことができます。

会津みしらず柿は、その甘さと食味の特徴から、多くのファンを持つ果物です。ぜひ一度、その美味しさを味わってみてください。

会津みしらず柿の栽培方法と収穫時期

会津みしらず柿の栽培方法と収穫時期

-会津みしらず柿の栽培方法と収穫時期-

会津みしらず柿は、福島県会津地方で栽培されている柿の一種です。その甘さと芳醇な香りは、多くの柿好きを魅了しています。会津みしらず柿の栽培方法は、他の柿の栽培方法とは少し異なります。

まずは、苗木を植え付けます。苗木を植え付ける時期は、3月から4月頃が適しています。苗木を植え付ける際は、日当たりと水はけの良い場所に植え付けましょう。

苗木を植え付けたら、水やりと肥料を与えます。水やりは、土の表面が乾いたらたっぷりと与えましょう。肥料は、春と秋に与えます。

会津みしらず柿の収穫時期は、10月から11月頃です。収穫する際は、果実が完熟していることを確認してから収穫しましょう。収穫した会津みしらず柿は、すぐに食べても美味しいですが、少し寝かせるとさらに甘さが増します。

会津みしらず柿は、甘さと芳醇な香りが特徴の柿です。栽培方法は他の柿とは少し異なりますが、その分、甘くて美味しい柿が収穫できます。ぜひ、会津みしらず柿を栽培してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました