「ひめっ子」物語:岡山県真庭郡新庄村のローカルスター

スポンサーリンク

「ひめっ子」物語:岡山県真庭郡新庄村のローカルスター

ひめっ子とは。

ひめっ子は、岡山県真庭郡新庄村のPRキャラクターとして2007年に誕生しました。彼女は、着物を着た女の子で、同地産の糯米(もち米)である「ひめのもち」のPRが目的で制作されました。

「ひめっ子」って誰?

「ひめっ子」って誰?

「ひめっ子」は、岡山県真庭郡新庄村のローカルスターです。その正体は、村のマスコットキャラクターであり、人々から愛されているゆるキャラです。ひめっ子は、村の特産である「新庄ひめ」というお米をモチーフにしており、おにぎりの形をしています。頭には稲穂の飾りを付け、緑色の大きな目とにっこりとした笑顔が特徴です。

ひめっ子は、2011年に新庄村の村制100周年を記念して誕生しました。村の活性化と地域おこしのために、明るく元気なキャラクターとして企画されたのです。ひめっ子は瞬く間に村の人々の間で人気を集め、今では村の顔として親しまれています。

ひめっ子は、村内のイベントや行事には欠かせない存在です。村の特産品をPRしたり、観光客をお迎えしたりと、村のために大活躍しています。また、ゆるキャラグランプリにも出場しており、2013年には全国3位という輝かしい成績を収めました。ひめっ子は、新庄村の元気と活気を象徴する存在であり、これからも村の人々と共に歩み続けていくことでしょう。

「ひめっ子」はどのように誕生したのか?

「ひめっ子」はどのように誕生したのか?

「ひめっ子」は、岡山県真庭郡新庄村のローカルスターです。その誕生には、ある一人の女性の存在が大きく関わっています。その女性の名前は、姫野美智子さん。彼女は、新庄村で農業を営む傍ら、地域の活性化に尽力する女性でした。

姫野さんは、新庄村の特産品である「姫っ子」をブランド化したいと考え、平成12年に「ひめっ子元気プロジェクト」を立ち上げました。このプロジェクトでは、地元の農家と協力して「ひめっ子」の栽培に取り組み、同時に「ひめっ子」のPR活動も積極的に行いました。姫野さんの努力が実り、「ひめっ子」は全国的に知られるようになり、現在は新庄村を代表する特産品となっています。

「ひめっ子」のこれから

「ひめっ子」のこれから

「ひめっ子」のこれから

地元の人々やメディアから多大な注目を集めた「ひめっ子」ですが、その後の成長も順調です。現在は、地元の小学校に通い、学業に励んでいます。また、音楽の才能も開花し、地元の合唱団に参加して、美しい歌声を披露しています。将来は、音楽の道を志したいと考えているそうです。

「ひめっ子」の物語は、地方の小さな村でも、スターが生まれる可能性があることを示しています。また、地元の人々が一丸となって、応援することで、その才能を育てることができることも証明しています。「ひめっ子」のこれからに期待が高まります。

タイトルとURLをコピーしました