「バヤリース坊や」の知られざる魅力

スポンサーリンク

「バヤリース坊や」の知られざる魅力

バヤリース坊やとは。

バヤリース坊やは、アサヒ飲料株式会社が販売する果汁飲料「バヤリース」のマスコットキャラクターです。1959年に発売された缶入り飲料のパッケージに描かれた「オレンジ坊や」が起源といわれており、1996年に「バヤリース坊や」という名称が決定されました。「バヤ坊」という愛称でも親しまれています。

バヤリース坊やの誕生秘話

バヤリース坊やの誕生秘話

バヤリース坊やの誕生秘話

バヤリース坊やは、1954年に誕生したキャラクターです。その誕生には、興味深い秘話があります。

当時、バヤリース社の社長を務めていたのは、森下仁丹の創業者である森下博でした。森下は、バヤリースの販売を拡大するためには、子供にもアピールする必要があると考えました。そこで、ある日、森下が散歩をしていると、道端で遊んでいる子供たちを見つけました。その子供たちは、森下のことを「おじさん」と呼びました。森下は、その瞬間、「子供たちは、大人を『おじさん』と呼ぶのではなく、『おじちゃん』と呼ぶことが多い」ことに気づきました。そこで、森下は、バヤリースのキャラクターを「おじちゃん」にすることを思いつきました。

森下は、バヤリースのキャラクターをデザインするため、イラストレーターの横山隆一に依頼しました。横山は、森下の指示に従って、バヤリースのキャラクターのデザインを完成させました。そのキャラクターは、赤いベレー帽をかぶり、赤いベストを着た、おじさんのようなキャラクターでした。そのキャラクターは、子供たちに「バヤリース坊や」と呼ばれるようになりました。

バヤリース坊やは、誕生以来、バヤリース社のマスコットキャラクターとして親しまれています。バヤリース坊やは、テレビCMやポスターに登場し、子供たちにバヤリースの美味しさをアピールしています。また、バヤリース坊やは、バヤリース社の商品パッケージにも登場しています。バヤリース坊やは、子供たちにとって、バヤリースの代名詞のような存在になっています。

バヤリース坊やの歴代デザイン

バヤリース坊やの歴代デザイン

-バヤリース坊やの歴代デザイン-

バヤリース坊やは、バヤリースオレンジのキャラクターで、1968年に誕生以来、その愛らしい姿で多くの人々に親しまれてきました。バヤリース坊やは、長い歴史の中で何度もデザインを変更していますが、そのどのデザインも、その時代を反映した魅力にあふれています。

初代バヤリース坊やは、1968年に誕生したものです。この初代バヤリース坊やは、オレンジ色を基調としたデザインで、大きな目と笑顔が特徴です。このデザインは、バヤリースオレンジのフレッシュでおいしいイメージをうまく表現しています。

2代目バヤリース坊やは、1973年に登場しました。この2代目バヤリース坊やは、初代バヤリース坊やよりも少し大人びたデザインで、目元がシュッとしています。また、このデザインでは、バヤリース坊やが初めて帽子を被るようになりました。このデザインは、バヤリースオレンジのスタイリッシュで都会的なイメージをうまく表現しています。

3代目バヤリース坊やは、1979年に登場しました。この3代目バヤリース坊やは、2代目バヤリース坊やよりもさらに大人びたデザインで、目の大きさが小さくなりました。また、このデザインでは、バヤリース坊やが初めてサングラスをかけるようになりました。このデザインは、バヤリースオレンジのクールでスポーティなイメージをうまく表現しています。

4代目バヤリース坊やは、1985年に登場しました。この4代目バヤリース坊やは、3代目バヤリース坊やよりもさらにリアルなデザインで、体のバランスが整いました。また、このデザインでは、バヤリース坊やが初めて髪型を変えることになりました。このデザインは、バヤリースオレンジのナチュラルで健康的なイメージをうまく表現しています。

5代目バヤリース坊やは、1990年に登場しました。この5代目バヤリース坊やは、4代目バヤリース坊やよりもさらにスタイリッシュなデザインで、髪型もさらにかっこよくなりました。また、このデザインでは、バヤリース坊やが初めてバヤリースオレンジのキャラクターであることを示す「バヤリース」という文字が背中に書かれるようになりました。このデザインは、バヤリースオレンジのスタイリッシュで都会的なイメージをうまく表現しています。

6代目バヤリース坊やは、1995年に登場しました。この6代目バヤリース坊やは、5代目バヤリース坊やよりもさらにアクティブなデザインで、スポーツをしているようなポーズをとっています。また、このデザインでは、バヤリース坊やが初めてバヤリースオレンジのキャラクターであることを示す「バヤリース」という文字が胸に書かれるようになりました。このデザインは、バヤリースオレンジのスポーツドリンクとしてのイメージをうまく表現しています。

7代目バヤリース坊やは、2000年に登場しました。この7代目バヤリース坊やは、6代目バヤリース坊やよりもさらに爽やかなデザインで、笑顔がより輝いています。また、このデザインでは、バヤリース坊やが初めてバヤリースオレンジのキャラクターであることを示す「バヤリース」という文字が帽子に書かれるようになりました。このデザインは、バヤリースオレンジの爽やかで健康的なイメージをうまく表現しています。

8代目バヤリース坊やは、2005年に登場しました。この8代目バヤリース坊やは、7代目バヤリース坊やよりもさらにキュートなデザインで、大きな目と笑顔がより魅力的になりました。また、このデザインでは、バヤリース坊やが初めてバヤリースオレンジのキャラクターであることを示す「バヤリース」という文字が腕に書かれるようになりました。このデザインは、バヤリースオレンジのキュートで親しみやすいイメージをうまく表現しています。

9代目バヤリース坊やは、2010年に登場しました。この9代目バヤリース坊やは、8代目バヤリース坊やよりもさらにスタイリッシュなデザインで、髪型もよりかっこよくなりました。また、このデザインでは、バヤリース坊やが初めてバヤリースオレンジのキャラクターであることを示す「バヤリース」という文字が頭につくようになりました。このデザインは、バヤリースオレンジのスタイリッシュで都会的なイメージをうまく表現しています。

10代目バヤリース坊やは、2015年に登場しました。この10代目バヤリース坊やは、9代目バヤリース坊やよりもさらにアクティブなデザインで、スポーツをしているようなポーズをとっています。また、このデザインでは、バヤリース坊やが初めてバヤリースオレンジのキャラクターであることを示す「バヤリース」という文字が背中に書かれるようになりました。このデザインは、バヤリースオレンジのスポーツドリンクとしてのイメージをうまく表現しています。

バヤリース坊やの活躍

バヤリース坊やの活躍

バヤリース坊やの活躍

1960年代から1970年代にかけて、バヤリース坊やはテレビCMで活躍しました。バヤリース坊やは、大きな目と口、元気いっぱいの表情が特徴的で、子供たちの間で大人気になりました。バヤリース坊やは、子供たちに元気と勇気を与えました。そんなバヤリース坊やは、日本だけでなく、世界中の人々に愛されるキャラクターになりました。

バヤリース坊やは、テレビCM以外にも、映画やゲームにも出演しました。バヤリース坊やは、子供たちに親しみやすいキャラクターとして、多くの人々に愛され続けました。しかし、1980年代に入ると、バヤリース坊やは、テレビCMに登場する機会が減っていきました。

1990年代に入ると、バヤリース坊やは、再びテレビCMに登場するようになりました。バヤリース坊やは、当時人気だったアイドルグループ「SMAP」と共演するなど、新しい形で子供たちに元気と勇気を与えました。バヤリース坊やは、2000年代以降も、テレビCMに登場し続けています。

バヤリース坊やは、誕生から半世紀以上経った今でも、子供たちに愛され続けているキャラクターです。バヤリース坊やは、子供たちに元気と勇気を与える存在として、これからも活躍し続けるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました