「明治の正中」を楽しむためのヒント〜焼酎のうんちくや飲み方〜

スポンサーリンク

「明治の正中」を楽しむためのヒント〜焼酎のうんちくや飲み方〜

明治の正中とは。

明治の正中とは、鹿児島県にある薩摩酒造が製造・販売する焼酎です。明治時代の文献を参考にして、当時の焼酎の作り方を再現した本格芋焼酎で、黄麹を使用し、どんぶり仕込みで仕込んでいます。

「明治の正中」の特徴と歴史

「明治の正中」の特徴と歴史

「明治の正中」の特徴と歴史
明治の正中は、さつまいもの産地として有名な鹿児島県で製造される芋焼酎です。特徴的なのは、その独特の味わいです。ふわりと香るさつまいもの甘さと、すっきりとした飲み口が特徴。ロックや水割りなど、様々な飲み方を楽しむことができます。

明治の正中は、1883年に鹿児島県の佐藤酒蔵本店で初めて製造されました。佐藤酒蔵本店は、もともと日本酒の製造業を営んでおり、焼酎の製造は副業として行っていました。しかし、明治の正中はすぐに評判を呼び、佐藤酒蔵本店の主力商品となりました。

明治の正中は、その後も鹿児島県内で人気が高まり、現在では鹿児島県を代表する焼酎のひとつとして知られています。また、近年では鹿児島県外でも人気が高まっており、全国各地の居酒屋などで楽しむことができます。

「明治の正中」の美味しい飲み方

「明治の正中」の美味しい飲み方

「明治の正中」の美味しい飲み方

「明治の正中」は、芋焼酎の銘柄の中でも、その芳醇な香りと深い味わいで、多くの人から愛されている焼酎です。この焼酎をより美味しく飲むためには、いくつかのポイントがあります。

まず、焼酎の温度は、冷やしすぎずに、常温か、少し温めて飲むのがおすすめです。冷やしすぎると、焼酎の風味が閉じ込められてしまい、せっかくの香りと旨味が感じられにくくなってしまいます。常温か、少し温めることで、焼酎の香りが引き立ち、まろやかな味わいが楽しめます。

次に、焼酎を飲むグラスにもこだわりましょう。焼酎の香りと味わいを最大限に引き出すために、口当たりの良いグラスを選ぶのがおすすめです。例えば、口が広く、底がすぼまったグラスなどは、焼酎の香りを逃さず、口当たりも滑らかです。また、焼酎を飲む際には、グラスを傾けて、ゆっくりと味わうようにしましょう。そうすることで、焼酎の香りと旨味をじっくりと堪能することができます。

「明治の正中」は、水割りやロック、お湯割りなど、さまざまな飲み方で楽しむことができます。水割りの場合には、焼酎と水を11の割合で割るのが一般的ですが、お好みで水の量を調整してください。ロックの場合には、焼酎を氷で冷やして飲むのがおすすめです。お湯割りの場合には、焼酎とお湯を11の割合で割るのが一般的ですが、こちらも、お好みで湯の量を調整してください。

「明治の正中」に合うおつまみ

「明治の正中」に合うおつまみ

「明治の正中」に合うおつまみ

「明治の正中」は、焼酎本来の旨味を活かしたすっきりとした味わいが特徴の焼酎です。この焼酎に合うおつまみは、あっさりとしたものや、辛味のあるものがおすすめです。

さっぱりとしたおつまみとしては、刺身やサラダ、冷奴などがおすすめです。刺身は、マグロやハマチ、鯛などがよく合います。サラダは、野菜をたっぷり使ったものがおすすめです。冷奴は、薬味を添えて食べるとさらに美味しくなります。

辛味のあるおつまみとしては、キムチや辛子明太子、山椒などがおすすめです。キムチは、白菜やキュウリなどの野菜を唐辛子などで発酵させたものです。辛子明太子は、スケソウダラの卵に唐辛子などを加えたものです。山椒は、花椒の実を粉末にしたものです。

「明治の正中」は、水割りやロック、お湯割りなどで飲むことができます。水割りやロックは、すっきりとした味わいが楽しめます。お湯割りは、まろやかな味わいが楽しめます。

「明治の正中」は、食中酒としても、食後酒としても楽しむことができます。食中酒としては、刺身や焼き魚、鍋物などの和食に合います。食後酒としては、チョコレートやケーキなどのスイーツに合います。

タイトルとURLをコピーしました