とじこ豆とは?熊本の郷土菓子

スポンサーリンク

とじこ豆とは?熊本の郷土菓子

とじこ豆とは。

とじこ豆は、熊本県の郷土菓子です。小麦粉をベースとした甘い生地に、炒った大豆やピーナッツなどの豆を混ぜ合わせます。巻きすで形を整え、固めてから1センチほどの幅に切って食べます。「とちこ豆」とも呼ばれています。

とじこ豆の歴史と由来

とじこ豆の歴史と由来

とじこ豆の歴史と由来

とじこ豆の歴史は古く、江戸時代初期には、すでに熊本で作られていたと考えられています。その頃は、砂糖が貴重だったため、小豆や小麦粉、塩などを混ぜて作られていました。明治時代以降、砂糖が手に入りやすくなると、砂糖を加えて作られるようになりました。

とじこ豆の由来には、次のような言い伝えがあります。

昔、熊本に貧しい老夫婦が住んでいました。ある日、老夫婦が山で豆拾いをしていると、一匹のネズミが豆をくわえて穴の中に入っていくのを見ました。老夫婦が穴の中を掘ってみると、中にはたくさんの豆が隠されていました。老夫婦は、その豆を拾って帰り、とじこ豆を作りました。とじこ豆はとても美味しく、あっという間に売り切れました。老夫婦は、とじこ豆を売ってお金を稼ぎ、幸せに暮らしました。

とじこ豆は、熊本だけでなく、九州各地で作られている郷土菓子です。県によって、形や味など、さまざまな種類があります。熊本のとじこ豆は、小豆、小麦粉、砂糖、塩で作られており、表面に砂糖をまぶしてあります。素朴な味と食感が特徴です。

とじこ豆の作り方

とじこ豆の作り方

とじこ豆の作り方

とじこ豆は、熊本県水俣市発祥の伝統的な郷土菓子です。小麦粉と砂糖を主成分とした生地を油で揚げたもので、素朴な甘さが特徴です。とじこ豆は家庭でも簡単に作ることができるので、ぜひチャレンジしてみてください。

まず、小麦粉100g、砂糖50g、ベーキングパウダー小さじ1/2、塩少々をボウルに入れて混ぜ合わせます。次に、水50ccとサラダ油大さじ1を加えて、生地が耳たぶくらいの硬さになるまでこねます。生地ができあがったら、10等分にして丸めます。

丸めた生地を油で揚げます。油の温度は170度くらいが目安です。生地を油に入れて、きつね色になるまで揚げたら完成です。きつね色になるまでは、かき混ぜずに低温でじっくりあげましょう。

揚げたてのとじこ豆は外はカリッと、中はもちっとしていてとても美味しいです。そのまま食べても美味しいですが、砂糖やシナモンシュガーをまぶしても美味しくいただけます。とじこ豆は日持ちするので、お土産にもおすすめです。

とじこ豆の美味しい食べ方

とじこ豆の美味しい食べ方

-とじこ豆の美味しい食べ方-

とじこ豆は、そのまま食べても美味しいですが、様々な食べ方があります。

・-砂糖をまぶして食べる-

とじこ豆に砂糖をまぶして食べると、甘さが際立ち、より一層美味しくなります。

・-きな粉をまぶして食べる-

とじこ豆にきな粉をまぶして食べると、きな粉の香ばしさととじこ豆の甘さがマッチして、絶妙な味わいに仕上がります。

・-黒蜜をかけて食べる-

とじこ豆に黒蜜をかけて食べると、黒蜜の甘さとコクがとじこ豆の美味しさを引き立てます。

・-アイスに添えて食べる-

とじこ豆をアイスに添えて食べると、アイスのおいしさにさらに彩りが加わり、贅沢なスイーツになります。

・-ヨーグルトに混ぜて食べる-

とじこ豆をヨーグルトに混ぜて食べると、ヨーグルトの酸味ととじこ豆の甘さが調和して、さわやかでヘルシーなデザートになります。

とじこ豆は、そのまま食べても美味しいですが、様々な食べ方でその美味しさを楽しむことができます。ぜひ、お好みの食べ方を見つけてみてください。

タイトルとURLをコピーしました