トッポ:三菱自動車工業の軽自動車

スポンサーリンク

トッポ:三菱自動車工業の軽自動車

トッポとは。

トッポとは、三菱自動車工業がかつて製造・販売していた軽自動車です。2008年から2014年まで販売され、5ドアの小型ワゴンスタイルが特徴でした。トッポBJの後継車として登場しました。

トッポの特徴

トッポの特徴

トッポの特徴

トッポは、三菱自動車工業が生産・販売する軽自動車です。トッポは、1996年に初代モデルが発売され、その後、2002年に2代目モデル、2008年に3代目モデルが発売されました。現行モデルは、2013年に発売された4代目モデルです。

トッポは、軽自動車の中でも特に背の高い設計が特徴です。これにより、室内高が確保され、広々とした室内空間を実現しています。また、トッポは両側スライドドアを備えており、乗り降りや荷物の出し入れがしやすいのも特徴です。トッポには、標準モデルと、よりスポーティなデザインのトッポBJ、よりアクティブなデザインのトッポポルト、より高級感のあるトッポRZの4つのグレードが用意されています。

トッポの歴史

トッポの歴史

– トッポの歴史

トッポは、三菱自動車工業が1998年から2004年まで生産していた軽自動車である。三菱自動車工業にとっては初の軽自動車であり、三菱自動車工業の軽自動車としては第二世代にあたる。トッポは、三菱自動車工業のコンパクトカーであるミラージュをベースに開発された。ミラージュは、三菱自動車工業が1978年から生産していたコンパクトカーであり、トッポはミラージュのプラットフォームやエンジンを流用している。トッポは、1998年の東京モーターショーで初公開され、同年10月に発売された。トッポは、丸みを帯びたデザインと、軽自動車としては広い室内空間が特徴だった。エンジンは、ミラージュと同じく1.0L直列3気筒エンジンを搭載していた。トッポは、発売当初から好評を博し、三菱自動車工業の軽自動車としては販売台数第1位を記録した。2004年に三菱自動車工業が軽自動車の生産から撤退したため、トッポの生産は終了した。トッポは、三菱自動車工業の軽自動車として、成功を収めたモデルである。

トッポの価格

トッポの価格

トッポの価格

三菱自動車工業の軽自動車であるトッポは、2006年の発売以来、そのスタイリッシュなデザインや優れた燃費性能で人気を集めています。2023年現在、トッポの価格は、ベーシックグレードの「X」が147万400円から、最上級グレードの「RZ」が193万600円までとなっています。

トッポの価格は、他の軽自動車と比較すると、やや高めとなっています。しかし、その価格に見合った性能と装備を備えているため、コスパの良い車として人気があります。トッポには、先進の安全装備である「e-Assist」が標準装備されており、衝突被害軽減ブレーキや車線逸脱警報などの機能が付いています。また、燃費性能も20.2km/Lと優れた数値を誇り、経済的に運転することができます。

トッポは、スタイリッシュさと利便性を兼ね備えた、若い世代に人気の軽自動車です。其の価格は、他の軽自動車と比較するとやや高めですが、その価格に見合った性能と装備が備わっているため、コスパの良い車として人気があります。

タイトルとURLをコピーしました