台風「テンビン」の基礎知識

スポンサーリンク

台風「テンビン」の基礎知識

テンビンとは。

テンビンは、2000年に世界気象機関の台風委員会によって制定された台風の国際名です。日本では台風に名前をつけることが認められており、テンビンの名は日本によって命名されました。この名前は星座の天秤座に由来しています。

テンビンの命名の由来

テンビンの命名の由来

テンビンの命名の由来

台風「テンビン」という名前は、フィリピンから提案されたものです。テンビンとは、フィリピン語で「天秤座」を意味する言葉です。天秤座は、9月23日から10月22日まで続く星座です。台風「テンビン」は、2022年9月23日に発生したため、この名前が付けられました。

台風には、国際的な命名規則があります。この規則に基づいて、台風には、カンボジア、中国、香港、日本、韓国、ラオス、マカオ、マレーシア、ミクロネシア、北朝鮮、フィリピン、タイ、ベトナムの14カ国が、それぞれ100個の名前を提案しています。これらの名前は、植物、動物、鳥、花、魚、自然現象、神話上の生き物など、さまざまなものから選ばれています。

台風「テンビン」の名前は、フィリピン語で「天秤座」を意味する言葉です。天秤座は、9月23日から10月22日まで続く星座です。台風「テンビン」は、2022年9月23日に発生したため、この名前が付けられました。

テンビンの発生域と影響を与える地域

テンビンの発生域と影響を与える地域

テンビンの発生域と影響を与える地域

台風「テンビン」は、2022年7月24日に発生した台風です。発生地は、フィリピンの東の海上で、その後、北西に進路を進めています。現在は、台湾の東海上空を移動しており、26日には日本に接近する見通しです。

テンビンは、大型の台風で、中心気圧は960ヘクトパスカル、最大風速は40メートルです。非常に強い勢力を持ち、暴風雨や高波、大雨を引き起こす可能性があります。

テンビンは、台湾、日本、韓国、中国に影響を与える見通しです。特に、台湾と日本では、暴風雨や高波、大雨による被害が懸念されています。また、韓国と中国も、大雨や強風による被害を受ける可能性があります。

現在、各国の気象機関は、テンビンの情報を収集し、住民に注意を呼びかけています。住民は、最新の情報に注意し、指示に従って行動する必要があります。

テンビンの特徴と被害の様子

テンビンの特徴と被害の様子

テンビンの特徴と被害の様子

台風「テンビン」は、2022年に発生した台風。非常に強い勢力を持ち、フィリピンやベトナム、カンボジアに大きな被害をもたらした。

テンビンの特徴は、非常に強い勢力であったこと。中心気圧は910hPa、最大風速は50m/sに達し、猛烈な暴風雨をもたらした。また、移動速度が遅かったため、同じ場所に長くとどまり、被害を拡大させた。

テンビンによる被害は甚大だった。フィリピンでは、土砂崩れや洪水が発生し、多くの家屋が倒壊。ベトナムでは、大規模な浸水被害が発生し、人々の生活が混乱した。カンボジアでも、洪水や暴風雨による被害が報告された。

テンビンは、近年稀に見る台風として記録された。その被害の大きさは、気候変動の影響が懸念される。今後は、台風への備えを強化し、被害を軽減することが求められる。

タイトルとURLをコピーしました