京菓子「つばらつばら」の魅力と歴史

スポンサーリンク

京菓子「つばらつばら」の魅力と歴史

つばらつばらとは。

つばらつばらとは、京都市上京区にある鶴屋吉信という和菓子店が作っている和菓子です。もっちもちの皮にこしあんを入れた、半月型の食べものです。

「つばらつばら」の特徴と歴史

「つばらつばら」の特徴と歴史

「つばらつばら」は、京都の老舗菓子店「鶴屋吉信」が製造販売する京菓子です。その特徴は、なんといってもその美しい見た目。鮮やかな緑色の外郎生地で包まれた中には、こしあんがぎっしり詰まっています。その形は、椿の花を思わせる愛らしいもの。一口食べると、お口の中で広がるこしあんの甘さと、外郎生地の歯ごたえのハーモニーが楽しめます。

「つばらつばら」の歴史は古く、江戸時代末期にまでさかのぼります。当時、鶴屋吉信の初代当主である吉信宗近が、京都の椿寺に参拝した際に、椿の花を見てその美しさに感動。その椿の花を菓子に再現しようと、試行錯誤を重ねた結果、「つばらつばら」が誕生したと言われています。

「つばらつばら」は、その美しさとおいしさから、京都の銘菓として知られています。また、その縁起の良さから、お祝い事の贈り物としても人気があります。

和菓子職人による丹精込めて作られる「つばらつばら」

和菓子職人による丹精込めて作られる「つばらつばら」

-和菓子職人による丹精込めて作られる「つばらつばら」-

京都の伝統的な和菓子である「つばらつばら」は、その名の通り、椿の花びらを模した美しい形が特徴です。このお菓子は、和菓子職人による丹精込めて作られており、その繊細な味わいは多くの人々を魅了しています。

「つばらつばら」は、まず、小豆を炊き上げてあんこを作ることから始まります。このあんこは、丁寧に裏ごしされ、なめらかな舌触りに仕上げられます。次に、もち米を蒸して餅生地を作り、あんこを包んで丸めます。最後に、椿の花びらを模した形に成形して、蒸します。

「つばらつばら」は、外側の餅生地がもちもちとしていて、中のあんこは甘すぎず、上品な味わいです。また、椿の花びらを模した形は、見た目にも美しく、食べる人の心を和ませてくれます。

「つばらつばら」は、京都のお土産として人気が高く、多くの和菓子店で購入することができます。しかし、その繊細な味わいを最も楽しむためには、和菓子職人が丹精込めて作った「つばらつばら」を食べることをおすすめします。

「つばらつばら」を味わうおすすめの食べ方

「つばらつばら」を味わうおすすめの食べ方

「つばらつばら」を味わうおすすめの食べ方は、何もつけずにそのままいただくシンプルな食べ方がおすすめです。こうすることで、和三盆の優しい甘みと上品な風味が存分に味わえます。また、煎茶やほうじ茶などの日本茶と一緒にいただくのもよいでしょう。お茶の苦みが「つばらつばら」の甘みを引き立て、よりいっそうおいしく感じることができます。

「つばらつばら」は、和菓子の中でも比較的日持ちがするお菓子です。常温で保存しておけば、1週間ほどはおいしくいただけます。ただし、直射日光や高温多湿を避けて保存するようにしましょう。

もし、すぐに食べきれない場合は、冷凍保存するのもおすすめです。冷凍庫で保存しておけば、1ヶ月ほどはおいしくいただけます。食べる際は、自然解凍するか、電子レンジで軽く温めてからいただくとよいでしょう。

「つばらつばら」は、京都の伝統的な京菓子として、多くの人々に愛されています。その優しい甘みと上品な風味が、多くの人々を魅了しています。もし、京都を訪れる機会があれば、ぜひ「つばらつばら」を味わってみてください。

タイトルとURLをコピーしました