台風「ハイシェン」とは?知っておきたい豆知識

スポンサーリンク

台風「ハイシェン」とは?知っておきたい豆知識

ハイシェンとは。

「ハイシェン」とは、2000年に台風委員会によって制定された台風を表す国際名のひとつです。台風番号は、第72号。中国によって命名され、「海の神」を意味します。

「ハイシェン」の意味と由来

「ハイシェン」の意味と由来

– 「ハイシェン」の意味と由来

台風「ハイシェン」の名前は、中国が提案した「海神」に由来しています。中国語で「海」は「ハイ」と読み、海の女神を意味し、日本では竜宮の乙姫様とも呼ばれます。また、「神」は「シェン」と読み、海の幸を司る神様を意味します。よって、「ハイシェン」という名前は、海の女神と海の幸を司る神様を合わせたもので、海の恵みをもたらすことを期待して名付けられました。

台風「ハイシェン」は、中国、フィリピン、韓国、日本、米国、ベトナムの6カ国が提案した名称の中から、世界気象機関(WMO)の台風委員会によって選定されました。この台風委員会は、台風による被害を軽減するために、台風に関する情報の交換や協力について協議する機関です。台風「ハイシェン」は、2020年に発生した台風で、フィリピンに大きな被害をもたらしました。

「ハイシェン」がもたらした被害

「ハイシェン」がもたらした被害

近年、台風が日本に接近・上陸する頻度が増え、大きな被害をもたらすことも珍しくなくなりました。2022年9月、台風18号「ハイシェン」は、沖縄や九州地方を中心に大雨や暴風をもたらし、大きな被害となりました。

「ハイシェン」は時速100キロ以上の暴風を伴い、最大瞬間風速は60メートルを超えました。沖縄県では暴風により住宅の屋根が飛んだり、停電が発生したりする被害が出ました。また、九州地方では大雨により河川があふれ、浸水被害が発生しました。

「ハイシェン」はその後、温帯低気圧に変わり、東北地方や関東地方にも影響を与えました。東北地方では大雨が降り続き、山間部では土砂崩れが発生しました。関東地方では、暴風により鉄道が運転見合わせになるなど、交通機関に影響が出ました。

「ハイシェン」により、全国で15人が死亡し、50人以上がけがをしました。また、住宅の倒壊や浸水被害など、大きな被害が発生しました。

「ハイシェン」から学べる教訓

「ハイシェン」から学べる教訓

-「ハイシェン」から学べる教訓-

台風「ハイシェン」は、日本に甚大な被害をもたらしました。この台風から学べる教訓は数多くあります。

まず、台風の進路や勢力は、常に正確に把握しておくことが大切です。台風の情報は、気象庁のホームページやテレビ、ラジオなどで確認することができます。台風の接近が予想される場合は、早めに避難するなど、適切な行動をとることが大切です。

また、台風に備えて、食料や水、懐中電灯、救急箱などの備蓄をしておくことも重要です。停電や断水に備えて、携帯電話やパソコンの充電器なども準備しておきましょう。

さらに、台風の際には、不要な外出は控え、自宅で過ごすようにしましょう。外出する場合は、強風や豪雨に注意が必要です。また、河川や海に近づかないようにしましょう。

台風「ハイシェン」は、私たちに多くの教訓を残しました。これらの教訓を活かして、今後の台風災害に備えることが大切です。

タイトルとURLをコピーしました