台風「コンソン」について

スポンサーリンク

台風「コンソン」について

コンソンとは。

コンソンとは、2000年の台風委員会で国際名として定められた台風の名前です。台風番号は98号で、ベトナムによって命名されました。コンソンは、ベトナム南部の南シナ海に位置する島の名前です。

コンソンとは?

コンソンとは?

-# コンソンとは?

コンソンとは、2021年8月22日に発生した台風19号の国際名です。フィリピンの言葉で「音」を意味し、2004年に台風委員会によって命名されました。コンソンは、フィリピンの東で発生し、北西に進路をとり、26日に沖縄地方に接近しました。

コンソンは、発生当初から勢力が強く、26日には中心気圧が930hPa、最大風速が45m/sに達しました。また、コンソンは、大型の台風で、直径が1,000km以上に及びました。そのため、沖縄地方では、暴風雨や高潮による大きな被害が発生しました。

コンソンは、27日以降、勢力を弱めながら、中国大陸に向かって進路をとり、29日に熱帯低気圧に変わりました。しかし、コンソンは、熱帯低気圧になっても、大雨や洪水を発生させ、被害をもたらしました。

コンソンの影響

コンソンの影響

-コンソンの影響-

台風「コンソン」は、ベトナム中部を通過した後、ラオスやタイにも大きな被害をもたらした。ベトナムでは、少なくとも13人が死亡し、30人以上が負傷したと報告されている。また、洪水や土砂崩れが発生し、数千人が避難を余儀なくされた。ラオスでは、少なくとも10人が死亡し、18人以上が負傷したと報告されており、タイでは、少なくとも4人が死亡し、10人以上が負傷したと報告されている。

「コンソン」は、今年発生した台風の中でも最も強い台風の一つであり、その影響は広範囲に及んでいる。現在、ベトナム、ラオス、タイの当局は、救助活動や被害の調査に当たっている。また、国際社会からも支援の申し出が寄せられている。

タイトルとURLをコピーしました