栃倉酒造株式会社製造「米百俵」の本当の魅力とは?

スポンサーリンク

栃倉酒造株式会社製造「米百俵」の本当の魅力とは?

米百俵とは。

「米百俵(よねひゃっぴゃく俵)」とは、株式会社栃倉酒造が製造・販売している日本酒の銘柄です。

栃倉酒造株式会社の「米百俵」の歴史と製法

栃倉酒造株式会社の「米百俵」の歴史と製法

栃倉酒造株式会社の「米百俵」の歴史と製法

栃倉酒造株式会社の「米百俵」は、江戸時代末期から続く歴史ある日本酒です。その名の由来は、文久3年(1863年)に薩摩藩の島津斉彬公が、藩士に「米百俵」を与えてロンドン万博に参加させたという故事にちなんでいます。

「米百俵」は、伝統的な製法で作られており、原料となる米は全て山田錦を使用しています。山田錦は、日本酒造りに最適な酒米として知られており、「米百俵」の特徴であるふくよかで華やかな香りと、まろやかでキレのある味わいを生み出しています。

「米百俵」は、清酒発祥の地である灘五郷(兵庫県神戸市)で作られており、灘の気候風土が「米百俵」の品質を支えています。灘の気候は温暖で湿潤であり、日本酒造りに適した環境です。また、灘の水は軟水であり、日本酒造りに適しています。

「米百俵」は、伝統的な製法を守りつつ、最新の技術を取り入れることで、常に高品質な日本酒を造り続けています。

新潟の自然が育む「米百俵」の味わいと香り

新潟の自然が育む「米百俵」の味わいと香り

新潟県の豊かな自然が生み出す「米百俵」の味わい

新潟県は、清流と美しい田園風景が広がる日本屈指の米どころです。そんな新潟県の豊かな自然が育んだお米を使用したのが、「米百俵」です。酒造好適米である「五百万石」を原料米に使用した「米百俵」は、程よい甘みと酸味があり、キレの良い味わいが特徴です。また、新潟県の豊かな自然の恵みを凝縮したかのような、フルーティーな香りも魅力です。

「米百俵」の味わいは、新潟県の風土が色濃く反映されたものと言えます。清流と美しい田園風景が広がる新潟県では、お米が大切に育てられています。そのお米を使用して作られた「米百俵」は、新潟県の自然の恵みを余すことなく味わうことができるお酒です。

食中酒としても楽しめる「米百俵」の魅力

食中酒としても楽しめる「米百俵」の魅力

食中酒としても楽しめる「米百俵」の魅力

「米百俵」は、新潟県の栃倉酒造株式会社が製造する日本酒です。1899年に発売されて以来、その高い品質と飲みやすさで多くの人々に愛飲されてきました。

「米百俵」の魅力の一つは、その食中酒としての適性です。「米百俵」は、甘口でありながらキレの良い味わいで、どんな料理にも合わせやすいお酒です。特に、魚料理や肉料理との相性が抜群です。

また、「米百俵」は、冷やして飲んでも、お燗をして飲んでも美味しくいただけます。冷やして飲むと、その爽やかな味わいが際立ち、お燗をして飲むと、そのまろやかな味わいが楽しめます。

「米百俵」は、新潟県の特産であり、新潟県の郷土料理との相性も抜群です。例えば、「米百俵」は、新潟県の郷土料理である「へぎそば」と合わせると、そののど越しの良さがさらに際立ちます。

「米百俵」は、その高い品質と飲みやすさ、そして食中酒としての適性から、多くの人々に愛飲されている日本酒です。新潟県に行った際には、ぜひ「米百俵」を味わってみてください。

タイトルとURLをコピーしました