「グアム」(アメリカ海軍の大型巡洋艦)の歴史と活動

スポンサーリンク

「グアム」(アメリカ海軍の大型巡洋艦)の歴史と活動

グアムとは。

グアムとは、1943年に進水し、1944年までアメリカ海軍に就役していたアラスカ級大型巡洋艦です。船体識別番号はCB-2でした。1947年に退役し、1961年にスクラップとして解体されました。

1. 「グアム」の進水と就役

1. 「グアム」の進水と就役

「グアム」は、アメリカの巡洋艦であり、アラスカ級大型巡洋艦の4番艦として1942年8月28日にニューヨーク海軍工廠にて進水し、1943年5月17日に就役しました。これは、アメリカ海軍が第二次世界大戦中に進水させた巡洋艦の中で最後から2番目の艦船でした。

「グアム」は、全長708フィート(216メートル)、幅71フィート(22メートル)、喫水29フィート(9メートル)で、排水量は13,000トンでした。主砲は、8インチ(203ミリ)砲9門を備え、対空砲として5インチ(127ミリ)砲12門、40ミリ機関砲48門、20ミリ機関砲20門を搭載していました。また、魚雷発射管を10基備えていました。

「グアム」は、就役後すぐに太平洋戦争に投入され、マリアナ、硫黄島、沖縄などでの作戦に参加しました。また、1945年8月15日に日本のポツダム宣言受諾を受けて本土への停泊もしました。

戦争終結後は、グアムは占領軍として日本に留まり、その後朝鮮戦争にも参加しました。その後、1959年に退役し、スクラップとして処分されました。

2. 「グアム」の戦歴

2. 「グアム」の戦歴

「グアム」は、第二次世界大戦中にアメリカ海軍が大戦初期の島嶼防衛用に建造したブルックリン級軽巡洋艦の19番艦である。グアムは1941年12月8日に真珠湾攻撃を受けて発令された、海軍省の建造計画「艦隊法」に従って建造された。グアムはブルックリン海軍工廠で1942年4月29日に起工され、1943年11月12日に進水し、1944年5月17日に就役した。

グアムは1944年6月に戦時配備に就き、太平洋戦線に派遣された。グアムは、サイパン島の戦い、グアム島の戦い、フィリピンの戦い、硫黄島の戦い、沖縄島の戦いなど、多くの戦いに参加した。グアムはまた、日本本土への空襲にも参加した。

グアムは、戦争中に10個の従軍星章を受章した。グアムは、1946年6月25日に退役し、1959年12月1日にスクラップとして売却された。

3. 「グアム」の退役と解体

3. 「グアム」の退役と解体

「グアム」の退役と解体

1949年4月15日、「グアム」はフィラデルフィア海軍造船所に曳航され、予備役として停泊した。その後、1953年1月24日に予備役艦隊に登録された。1959年5月1日、「グアム」は除籍され、1961年8月29日に、ジェームズ・J・クラーク社にスクラップとして売却された。

「グアム」の艦体は、その後、テキサス州ボーモントにある同社で解体された。解体作業は1961年9月に完了し、「グアム」は歴史から姿を消した。

「グアム」は、第二次世界大戦中に活躍したアメリカ海軍の大型巡洋艦であった。その華々しい戦績は、今もなお語り継がれている。しかし、戦後、他の多くの艦艇と同じように、「グアム」もまた退役し、解体された。

「グアム」の退役と解体は、第二次世界大戦が終結し、冷戦が始まったことを象徴する出来事であった。冷戦時代には、核兵器が開発され、戦艦や巡洋艦などの従来の艦艇は、その価値を失っていった。「グアム」の退役と解体は、このような時代の流れの中で行われたのである。

タイトルとURLをコピーしました