イギリスの戦闘機「ウエストランド ホワールウィンド」の歴史と性能

スポンサーリンク

イギリスの戦闘機「ウエストランド ホワールウィンド」の歴史と性能

ウエストランドホワールウィンドとは。

ウエストランドホワールウィンドは、1938年にイギリスで初めて飛行した戦闘機です。最高速度は時速579キロメートルで、愛称は「ワールウィンド」です。

ウエストランド ホワールウィンドの開発と設計

ウエストランド ホワールウィンドの開発と設計

-ウエストランド ホワールウィンドの開発と設計-

ウエストランド ホエールウィンドは、イギリスのウエストランド エアクラフト社によって開発された、第二次世界大戦中に使用された戦闘機である。第二次世界大戦におけるバトル・オブ・ブリテンにおいて活躍した。ホエールウィンドは、その非常に優れた機動性と高い上昇力、そして強力な武装で知られていた。

ホエールウィンドの開発は、1934年にイギリス空軍が、それまでの戦闘機よりも高速で上昇力が強く、かつ強力な武装を備えた新しい戦闘機の開発を要求したことに始まる。ウエストランド社は、この要求に応えるため、ホエールウィンドのプロトタイプを開発した。ホエールウィンドのプロトタイプは、1938年に初飛行を行い、その優れた性能が評価された。

ホエールウィンドは、金属製のモノコック構造で、単葉、低翼であった。エンジンは、ロールス・ロイス マーリン XXを搭載し、最高速度は時速660キロメートル、上昇力は毎分12メートルであった。武装は、20mm機関砲4門と7.7mm機関銃12門を搭載していた。

「ワールウィンド」戦闘機の性能と特徴

「ワールウィンド」戦闘機の性能と特徴

「ワールウィンド」戦闘機の性能と特徴

「ウエストランド ホワールウィンド」は、優れた性能と特徴を備えた戦闘機でした。その最も際立った特徴のひとつは、双発機であったことです。これは、他の戦闘機よりも強力なエンジンを搭載することができたため、高速で飛行することができました。また、「ワールウィンド」は、優れた旋回性能も備えていました。これは、機体が軽量で、翼面積が大きかったためです。

「ワールウィンド」のもう一つの特徴は、その武装でした。その主武装は、4門の20mm機関砲でした。これは、他の戦闘機よりも強力な武装であり、敵機を撃墜することが容易でした。また、「ワールウィンド」は、ロケット弾や爆弾を搭載することもできました。

「ワールウィンド」は、その優れた性能と特徴により、第二次世界大戦中に多くの活躍をしました。その中でも、最も有名な戦闘は、1941年8月に行われた「バトル・オブ・ブリテン」です。この戦闘で、「ワールウィンド」は、ドイツ空軍の戦闘機を多数撃墜し、イギリスの勝利に貢献しました。

「ワールウィンド」は、第二次世界大戦後に退役しましたが、その優れた性能と特徴により、今でも多くの航空ファンに愛されています。

ホワールウィンドの使用と生産

ホワールウィンドの使用と生産

ホワールウィンドの使用と生産

ホワールウィンドは、第二次世界大戦中にイギリス空軍で使用された戦闘機です。1940年に初飛行を行い、1941年から部隊配備が始まりました。ホワールウィンドは、主に沿岸警備や船団護衛任務に使用されました。また、ドイツ空軍の爆撃機を迎え撃つ迎撃任務にも使用されました。ホワールウィンドは、優れた速度と機動性を備えた戦闘機でしたが、武装が貧弱で、装甲も薄かったため、ドイツ空軍の戦闘機との戦闘では苦戦を強いられました。ホワールウィンドの生産は1943年に終了し、総生産数は118機でした。

ホワールウィンドは、第二次世界大戦中にイギリス空軍で使用された戦闘機です。その使用と生産の歴史は、以下の通りです。

使用

ホワールウィンドは、第二次世界大戦中にイギリス空軍で使用された戦闘機です。主に沿岸警備や船団護衛任務に使用されました。また、ドイツ空軍の爆撃機を迎え撃つ迎撃任務にも使用されました。ホワールウィンドは、優れた速度と機動性を備えた戦闘機でしたが、武装が貧弱で、装甲も薄かったため、ドイツ空軍の戦闘機との戦闘では苦戦を強いられました。

生産

ホワールウィンドの生産は、1940年に開始されました。生産は、ウエストランド社とホーカー社の2社で行われました。生産は、1943年に終了し、総生産数は118機でした。

タイトルとURLをコピーしました