北海道根室市のソウルフード「赤エスカ」とは?

スポンサーリンク

北海道根室市のソウルフード「赤エスカ」とは?

赤エスカとは。

赤エスカは、北海道根室市のご当地グルメ「エスカロップ」の一種で、ライスをケチャップで炒めています。

赤エスカの歴史と発祥

赤エスカの歴史と発祥

赤エスカの歴史と発祥

赤エスカの誕生は1965年に遡ります。根室市に店を構える焼鳥屋「まこと」の店主、佐藤政男氏が、ある日一風変わった串焼きを作りました。それは、雞肉ではなく、イカを醤油味のタレで煮込んだものでした。佐藤氏は、この串焼きを「赤エスカ」と名付け、メニューに加えました。

当初は珍しさから注文する人も少なかったそうですが、次第にその美味しさから口コミで広がり、根室市民の間で人気を博すようになりました。1970年代には、根室市内の多くの飲食店で赤エスカが提供されるようになり、根室市のソウルフードとして定着しました。

また、赤エスカは根室市の郷土料理として、さまざまなイベントや祭りで振る舞われるようにもなりました。毎年8月に開催される「根室花咲フェスティバル」では、赤エスカの屋台が並び、多くの来場者が列をなして赤エスカを求めます。

赤エスカは、根室市の郷土料理として、市民に愛され続けている料理です。その独特の食感と味わいは、一度食べるとやみつきになること間違いなしです。

赤エスカの特徴と魅力

赤エスカの特徴と魅力

赤エスカの特徴と魅力

赤エスカは、根室市で親しまれているソウルフードであり、その人気は根室市外にも広がっています。赤エスカの特徴は、何といってもその真っ赤な見た目です。これは、唐辛子やトマトソースをたっぷり使用しているためです。また、にんにくや生姜などのスパイスも効いており、ピリ辛の味わいが楽しめます。赤エスカは、ピラフにカレーソースをかけて焼いた料理ですが、根室市では喫茶店や食堂など、多くの飲食店で提供されています。また、家庭で作られることも多く、根室市民にとってはおなじみの味となっています。赤エスカの魅力は、その独特の味わいと、手軽に食べられるところです。ピリ辛の味わいは、食欲をそそり、老若男女問わず楽しむことができます。また、ピラフとカレーソースというシンプルな組み合わせなので、誰でも簡単に作ることができます。赤エスカは、根室市を代表するソウルフードであり、その魅力は根室市民から愛され続けています。

根室で食べられる赤エスカの人気店

根室で食べられる赤エスカの人気店

根室で食べられる赤エスカの人気店

根室市にある居酒屋「いづみ」は、赤エスカの人気店として知られています。
昭和41年の創業以来、地元の人々に愛され続けている老舗居酒屋です。
赤エスカは、特製のタレに漬け込んだイカを、網で焼いた料理です。
イカの旨味とタレの甘辛さが絶妙にマッチした、根室のソウルフードです。

「いづみ」の赤エスカは、新鮮なイカを使用しているため、身がプリプリで歯ごたえ抜群です。
また、タレは甘辛く濃厚な味わいで、イカの旨味を引き立てています。
「いづみ」の赤エスカは、ビールや日本酒など、お酒のおつまみにもぴったりです。

「いづみ」は、根室駅から徒歩5分ほどの場所にあります。
営業時間は、午後5時から午前0時までです。
定休日は、毎週月曜日です。

タイトルとURLをコピーしました