「あきた夏丸」の魅力とは?

スポンサーリンク

「あきた夏丸」の魅力とは?

あきた夏丸とは。

あきた夏丸は、秋田県横手市で生産されているスイカです。果肉は濃赤色で、糖度が高く、さわやかな甘みがあります。秋田県農業試験場が育成した品種です。

「あきた夏丸」の特徴

「あきた夏丸」の特徴

「あきた夏丸」の特徴

「あきた夏丸」は、秋田県が独自に開発した水稲品種です。平成22年に新品種として登録されました。「あきた夏丸」は、コシヒカリに比べて成熟が早く、高温に強く、倒れにくいのが特徴です。また、コシヒカリに負けないおいしさも兼ね備えています。

「あきた夏丸」の最も大きな特徴は、その早生性です。コシヒカリに比べて10~15日ほど早く成熟します。そのため、早めの収穫が可能で、他の品種に比べてリスクが少ないです。また、「あきた夏丸」は、高温に強く、倒れにくい品種です。日本海側の地域は、夏になると高温多湿になり、稲が倒れやすくなります。「あきた夏丸」は、そのような地域でも倒れにくいため、安定した収量を確保することができます。

「あきた夏丸」は、コシヒカリに負けないおいしさも兼ね備えています。粘りと甘みが強く、食味も良好です。また、「あきた夏丸」は、コシヒカリよりもアミロース含有量が高いため、冷めても硬くなりにくいという特徴もあります。そのため、お弁当やにぎり寿司など、冷めてもおいしく食べられる料理に向いています。

「あきた夏丸」の栽培方法

「あきた夏丸」の栽培方法

「あきた夏丸」は、みずみずしくシャキシャキとした食感が特徴の夏野菜です。栽培方法は、苗を育てるか、直接畑に種をまくことで行うことができます。

苗を育てる場合は、4~5月頃に種をまき、5~6月頃に定植します。定植する際には、株間を60~90cm、株間を30~45cm程度にしましょう。

直接畑に種をまく場合は、5~6月頃にまくことができます。種をまいたら、1cmほどの深さに覆土し、水やりをしてください。発芽後は、間引きをして株間を調整します。

「あきた夏丸」は、水はけの良い土壌を好みます。また、肥料は、元肥として堆肥や有機肥料を、追肥として化成肥料を与えてください。

「あきた夏丸」は、病害虫に強い品種ですが、アブラムシやハダニが発生することがあります。アブラムシやハダニが発生したら、殺虫剤を散布して駆除しましょう。

「あきた夏丸」は、8~9月頃に収穫することができます。収穫する際には、果肉が柔らかく、皮にハリがあるものを選びましょう。

「あきた夏丸」の食べ方

「あきた夏丸」の食べ方

「あきた夏丸」の食べ方

「あきた夏丸」は、そのまま生で食べてもおいしく、サラダやサンドイッチなどの料理にもよく合います。また、加熱すると甘みが増して、煮物や炒め物にも最適です。ここでは、「あきた夏丸」のおいしい食べ方をいくつかご紹介します。

・生で食べる
「あきた夏丸」は、そのまま生で食べてもおいしく召し上がれます。皮をむいてスライスし、そのまま食べても良いですし、サラダやサンドイッチなどの料理にトッピングしてもおいしく召し上がれます。

・加熱して食べる
「あきた夏丸」は、加熱すると甘みが増して、煮物や炒め物にも最適です。煮物にする場合は、皮をむいて一口大に切り、だし汁、醤油、砂糖などで煮ます。炒め物にする場合は、皮をむいて薄切りにし、油で炒めます。

・ジュースにする
「あきた夏丸」は、ジュースにもすることができます。皮をむいてミキサーにかけ、砂糖やレモン汁を加えて味を整えます。そのまま飲んでも良いですし、ソーダ水で割って飲んでもおいしく召し上がれます。

「あきた夏丸」は、そのまま生で食べてもおいしく、料理にもよく合う万能食材です。ぜひ、様々な食べ方で「あきた夏丸」のおいしさを楽しんでみてください。

タイトルとURLをコピーしました