「アクアループダイレクト」って知ってる?

スポンサーリンク

「アクアループダイレクト」って知ってる?

アクアループダイレクトとは。

アクアループダイレクトとは、三洋電機の洗濯乾燥機に搭載されていた洗浄機能のことです。風呂水を使用しながら再利用することで、洗濯時の水道水の使用量を減らす仕組みです。

「アクアループダイレクト」の仕組み

「アクアループダイレクト」の仕組み

「アクアループダイレクト」は、従来の浄水器とは異なり、水道水に直接ろ過材を入れてろ過する画期的な浄水システムです。この仕組みは、水道水にろ過材を入れることで、水道水中の不純物や雑菌を吸着・除去します。また、ろ過材には活性炭が含まれているため、水道水中の残留塩素を除去することもできます。

「アクアループダイレクト」は、水道水に直接ろ過材を入れるため、浄水器本体を新たに設置する必要がありません。また、水道水の圧力を利用してろ過するため、電気代がかかりません。さらに、ろ過材は定期的に交換する必要があるため、メンテナンスも簡単です。

「アクアループダイレクト」は、水道水の味や匂いが気になる方、水道水に含まれる不純物や雑菌が気になる方におすすめの浄水システムです。また、電気代がかからないため、経済的にも優しい浄水システムです。

「アクアループダイレクト」のメリット・デメリット

「アクアループダイレクト」のメリット・デメリット

「アクアループダイレクト」のメリット・デメリット

「アクアループダイレクト」には、従来の給湯器にはないメリットが多くあります。まず、給湯専用機なので、キッチンや洗面所など、複数のお湯を使う場所があっても、それぞれ独立して給湯できます。そのため、お湯切れの心配がありません。また、瞬間式なので、お湯を貯めておく必要がないため、省エネにもなります。さらに、ガス代が安いのも魅力です。

一方で、「アクアループダイレクト」にはデメリットもあります。まず、設置費用が従来の給湯器よりも高くなります。また、本体が大きいため、設置場所の確保が必要となります。さらに、瞬間式のため、お湯を出すまで少し時間がかかるという点もデメリットです。

「アクアループダイレクト」は、メリット・デメリットを考慮した上で、設置するかどうかの判断をする必要があります。

タイトルとURLをコピーしました