「クラシカラー」ってどんな色鉛筆?

スポンサーリンク

「クラシカラー」ってどんな色鉛筆?

クラシカラーとは。

クラシカラーは、スイスのメーカー、カランダッシュ社が販売している水溶性色鉛筆です。全40色あります。

クラシカラーとは?

クラシカラーとは?

クラシカラーとは?

クラシカラーは、三橋工業が販売している色鉛筆のブランドです。クラシカラーは、1953年に発売され、以来多くの人に愛されてきました。クラシカラーの特徴は、そのなめらかな書き心地と、鮮やかな発色です。また、クラシカラーは芯が折れにくいので、長く使うことができます。クラシカラーは、24色、36色、48色、60色、72色、96色など、様々な色数で販売されています。また、クラシカラーには、水彩色鉛筆や油性色鉛筆、消える色鉛筆など、様々な種類があります。クラシカラーは、絵を描く人だけでなく、イラストを描く人や、塗り絵を楽しむ人など、幅広い層に人気があります。

クラシカラーの特徴

クラシカラーの特徴

-クラシカラーの特徴-

クラシカラーは、三菱鉛筆が販売している色鉛筆のブランドです。その大きな特徴は、その色合いの美しさにあります。クラシカラーは、自然の風景や人物などの様々な被写体を忠実に再現することができ、また、鮮やかな色合いも表現することができます。また、クラシカラーは、芯が柔らかく滑らかな描き心地で、描画しやすいのも特徴です。

さらに、クラシカラーは、耐光性に優れているのも特徴です。耐光性とは、光に当たっても色が褪せにくいことです。クラシカラーは、耐光性に優れた顔料を使用しているため、描いた絵が長期間にわたってその色合いを保つことができます。

また、クラシカラーは、折れにくい芯を採用しています。そのため、描画中に芯が折れてしまうという心配がありません。また、クラシカラーは、芯が太いため、細かい部分の描写にも適しています。

クラシカラーの使い方

クラシカラーの使い方

クラシカラーの使い方

クラシカラーは、水彩色鉛筆としても使用できる油性色鉛筆です。水彩色鉛筆として使用する場合、最初に紙を濡らしてから色鉛筆で描きます。そうすることで、色が混ざり合い、水彩画のような風合いを出すことができます。

油性色鉛筆として使用する場合、紙を濡らさずにそのまま色鉛筆で描きます。油性色鉛筆は、水彩色鉛筆よりも発色が良く、重ね塗りしても色が濁りにくいという特徴があります。

クラシカラーは、様々な技法で描くことができます。例えば、線描、塗りつぶし、ぼかし、重ね塗りなどです。また、クラシカラーは、他の画材と組み合わせることもできます。例えば、水彩絵の具、アクリル絵の具、パステルなどです。

クラシカラーは、初心者でも簡単に使いこなせる色鉛筆です。しかし、クラシカラーを上手に使いこなすためには、練習が必要です。練習を重ねることで、クラシカラーのさまざまな表現方法をマスターすることができます。

タイトルとURLをコピーしました