「世界の名酒事典」とは何だった?

スポンサーリンク

「世界の名酒事典」とは何だった?

世界の名酒事典とは。

世界の名酒事典とは、株式会社講談社が11月中旬ごろに発行していたカタログであり、世界中のお酒に関する情報を掲載していましたが、2019年版をもって終了しました。

「世界の名酒事典」とは?

「世界の名酒事典」とは?

「世界の名酒事典」とは、1972年に新潮社から出版された、世界中の名酒を紹介した書籍です。著者は、ジャーナリストであり、洋酒評論家としても知られる土屋守男氏です。

「世界の名酒事典」は、世界中のあらゆる種類の名酒を網羅した、まさに名酒の百科事典とも言える一冊です。ウイスキー、ブランデー、ビール、ワイン、カクテル、リキュールなど、あらゆるお酒に関する情報が、土屋守男氏の軽妙な語り口で解説されています。

「世界の名酒事典」は、お酒を愛する人々にとって、なくてはならない一冊です。お酒の歴史や文化、製造方法、飲み方など、お酒に関するあらゆる知識を得ることができます。また、世界各地の名酒を実際に飲んでみたいという人は、「世界の名酒事典」を片手に、世界の名酒巡りを楽しむこともできます。

「世界の名酒事典」は、出版されてから半世紀以上が経ちましたが、今でもなお多くの人々に愛され続けています。お酒を愛する人にとって、この一冊は、まさにバイブルなのです。

「世界の名酒事典」の歴史

「世界の名酒事典」の歴史

「世界の名酒事典」の歴史

「世界の名酒事典」は、1968年に初版が刊行された酒類に関する事典である。編集者は、当時サントリー宣伝部部長であった土屋守男、編集顧問は酒ジャーナリストの城山泰治。

初版は、A5判・上製・函入で、976ページ。価格は3,800円。内容は、世界のウイスキー、ブランデー、ジン、ウォッカ、ラム、テキーラ、リキュールなど、約1,000銘柄を収録。各銘柄については、歴史、製法、味の特徴、飲み方などが詳述されている。

「世界の名酒事典」は、その豊富な内容と正確な記述で、すぐに酒類業界関係者や愛好家の間で評判となった。その後、1974年に増補改訂版、1980年に第二次増補改訂版が刊行された。

1990年には、大幅な改訂が行われ、第三次増補改訂版が刊行された。このとき、編集者は土屋守男から松永英樹に交代し、編集顧問は城山泰治から小泉武夫に交代した。第三次増補改訂版は、A4判・上製・函入で、1,280ページ。価格は8,500円。内容は、世界のウイスキー、ブランデー、ジン、ウォッカ、ラム、テキーラ、リキュールなど、約1,500銘柄を収録。各銘柄については、歴史、製法、味の特徴、飲み方などがさらに詳しく解説されている。

「世界の名酒事典」は、その後の増補改訂版を含めて累計30万部以上を売り上げ、酒類に関する事典の定番となった。2018年には、第五次増補改訂版が刊行されている。

「世界の名酒事典」の終焉

「世界の名酒事典」の終焉

「世界の名酒事典」の終焉

「世界の名酒事典」は、1983年に発行された、世界中のあらゆるお酒を網羅した大著である。著者は、ジャーナリストであり、ワイン評論家でもあった、故・田中敏夫氏である。田中氏は、この本を執筆するために、世界中を旅し、膨大な量の文献を読み、また、実際に多くの銘柄のお酒を飲み比べた。その結果、総計2万種類を超えるお酒が掲載された、まさに名酒事典の名にふさわしい一冊が完成した。

しかし、「世界の名酒事典」は、2019年に絶版となった。絶版の理由は、出版社の倒産である。出版社が倒産したことで、「世界の名酒事典」の版権は出版社から著者の田中氏に戻ったが、田中氏はすでに亡くなっており、また、田中氏の相続人もこの本の出版に興味を示さなかったため、絶版となった。

「世界の名酒事典」の絶版は、日本の酒文化にとって大きな損失である。この本は、日本におけるワインやスピリッツの普及に大きく貢献した。また、この本は、世界のお酒を知るための貴重な資料でもあった。

タイトルとURLをコピーしました