「アウトライダー」ってどんな雑誌?

スポンサーリンク

「アウトライダー」ってどんな雑誌?

アウトライダーとは。

「アウトライダー」とは、株式会社バイクブロスが発行していたオートバイ雑誌です。この雑誌では、ツーリングに関する情報が紹介されていました。1986年に創刊され(発行元:ミリオン出版)、2018年に休刊となりました。

「アウトライダー」の創刊と休刊

「アウトライダー」の創刊と休刊

「アウトライダー」の創刊と休刊

「アウトライダー」は、1978年に創刊された日本の総合雑誌である。創刊時は月刊誌として発行されていたが、1983年に季刊誌となり、1991年に廃刊となった。廃刊までの間に、合計48号が発行された。

「アウトライダー」の創刊のきっかけは、編集長の江藤淳氏による、当時の日本の社会情勢に対する危機感であった。江藤氏は、日本の社会が物質主義に走り、精神的な価値観が軽視されていることに危機感を抱き、「アウトライダー」を創刊した。雑誌のタイトルである「アウトライダー」は、社会の主流から外れた人々のことを指す言葉であり、江藤氏は、この雑誌で、社会の主流から外れた人々の声を伝えたいと考えたのである。

「アウトライダー」は、創刊当初から、社会問題や政治問題を積極的に取り上げた。また、文学や芸術などの文化的なテーマにも積極的に取り組んだ。その結果、「アウトライダー」は、日本の知識人や文化人たちの間で高い評価を得た。しかし、その一方で、「アウトライダー」は、その内容が過激すぎると批判されることもあった。

1991年、「アウトライダー」は、廃刊となった。廃刊の理由は、経営不振であった。しかし、廃刊後も、「アウトライダー」は、日本の知識人や文化人たちの間で高い評価を受け続けている。

「アウトライダー」が取り上げていたツーリング情報

「アウトライダー」が取り上げていたツーリング情報

「アウトライダー」は、ツーリング情報を中心に、バイクに関するあらゆる情報を網羅した雑誌です。ツーリング情報は、国内外のツーリングコースの紹介はもちろん、宿泊施設や飲食店などの情報も充実しています。また、バイクの選び方やメンテナンス方法、ツーリング装備の紹介など、初心者からベテランまで役立つ情報が満載です。

「アウトライダー」が取り上げていたツーリング情報には、大きく分けて国内ツーリング情報と海外ツーリング情報があります。国内ツーリング情報では、日本の美しいツーリングスポットを紹介しています。例えば、北海道の絶景ツーリングコースや、九州の温泉ツーリングコースなどが掲載されています。海外ツーリング情報では、世界各国のツーリングスポットを紹介しています。例えば、アメリカのルート66や、ヨーロッパのアルプス山脈など、世界中のライダーの憧れの地を紹介しています。

「アウトライダー」のツーリング情報は、ライダーの目線で書かれており、とても読みやすいのが特徴です。また、写真やイラストを多用しており、臨場感あふれる記事となっています。ツーリングを計画しているライダーにとって、「アウトライダー」は必読の雑誌です。

「アウトライダー」休刊の理由と今後のオートバイ雑誌業界

「アウトライダー」休刊の理由と今後のオートバイ雑誌業界

「アウトライダー」休刊の理由と今後のオートバイ雑誌業界

「アウトライダー」は、1983年に創刊されたオートバイ雑誌で、2022年1月号をもって休刊となりました。休刊の理由は、オートバイ業界の縮小による広告収入の減少と、インターネットの普及による紙媒体の需要の減少が挙げられています。

オートバイ業界は、近年、少子化や高齢化の影響で、市場が縮小傾向にあります。また、インターネットの普及により、オートバイに関する情報を気軽に収集できるようになったことも、オートバイ雑誌の需要の減少に拍車をかけました。

「アウトライダー」の休刊は、オートバイ雑誌業界にとって大きな痛手です。しかし、オートバイ雑誌業界は、決して絶望的な状況ではありません。インターネットの普及は、オートバイ雑誌の需要を減少させた一方で、新たな販路を開拓する機会も提供しています。

オートバイ雑誌業界は、インターネットを活用して、新たな読者層を開拓することが急務です。また、紙媒体と電子媒体を融合させた新しいメディアの開発も重要です。

オートバイ雑誌業界が、これらの課題を乗り越えれば、今後も発展を続けることができるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました