「すくのかめ」って知ってる?福岡の銘菓を解説!

スポンサーリンク

「すくのかめ」って知ってる?福岡の銘菓を解説!

すくのかめとは。

「すくのかめ」は、福岡県飯塚市を拠点とするさかえ屋が製造・販売する銘菓です。手焼きの最中皮で、自家製餡を挟んだ最中です。飯塚市内で弥生時代に出土された須玖式土器をかたどられています。

「すくのかめ」の歴史と由来

「すくのかめ」の歴史と由来

「すくのかめ」の歴史と由来

「すくのかめ」は福岡県の銘菓で、室町時代に博多で生まれたとされています。その起源は、戦国時代に博多を治めていた大内氏の家紋である亀を模した焼き菓子を、博多の商人が京都の皇室に献上したことにあります。皇室に献上されたこの焼き菓子は、亀の甲羅を象った愛らしい姿と、上品な甘さが特徴でした。そのおいしさは皇室に大いに喜ばれ、「すくのかめ」という名前を賜りました。

「すくのかめ」という名前は、「すくうと亀」という意味で、亀が甲羅から頭をすっと出す様子を表現しています。このお菓子は、当初は博多の街でしか販売されていませんでしたが、そのおいしさが口コミで広がり、次第に福岡県全域に広まっていきました。そして、現在では福岡県を代表する銘菓として愛されています。

「すくのかめ」の特徴と魅力

「すくのかめ」の特徴と魅力

「すくのかめ」の特徴と魅力

「すくのかめ」は、福岡県久留米市にある老舗和菓子店「亀屋」で作られている銘菓です。その名の通り、亀の形をしたお菓子で、縁起物として親しまれています。

「すくのかめ」には、小豆餡と白餡の2種類があります。小豆餡は、餡子を寒天で固めたもので、あっさりとした甘さが特徴です。白餡は、白豆を練り上げたもので、上品な甘さが特徴です。

「すくのかめ」の最大の特徴は、その滑らかな舌触りです。寒天で固められた小豆餡は、口の中で溶けるような食感で、白餡は、白豆の滑らかさが楽しめます。

また、「すくのかめ」は、見た目にも可愛らしいお菓子です。亀の形をしたお菓子は、縁起物として親しまれており、贈答品としても人気があります。

このように、「すくのかめ」は、その滑らかな舌触りと見た目のかわいらしさから、福岡県久留米市の銘菓として親しまれています。

飯塚市の銘菓として地元で愛される「すくのかめ」

飯塚市の銘菓として地元で愛される「すくのかめ」

飯塚市の銘菓として地元で愛される「すくのかめ」

飯塚市の銘菓「すくのかめ」は、昭和30年代に誕生したあん餅です。名前に「亀」が入っていますが、亀の形をしているわけではなく、見た目は三角形をしています。あん餅の表面に「福」の文字が焼印されており、縁起の良いお菓子として親しまれています。

「すくのかめ」という名前は、飯塚市の特産品である「すくも草」に由来しています。すくも草は、藍染めの原料となる植物です。すくも草を育てるには、土壌が適している必要があります。飯塚市の土壌は、すくも草を育てるのに適しており、古くからすくも草の栽培が行われてきました。

飯塚市の特産品であるすくも草と、地元で親しまれているあん餅を組み合わせた「すくのかめ」は、飯塚市を代表する銘菓として愛されるようになりました。今では、飯塚市だけでなく、福岡県内各地で販売されており、多くの人々に愛されています。

タイトルとURLをコピーしました