北海道で人気の地ビール「青鬼」とは?

スポンサーリンク

北海道で人気の地ビール「青鬼」とは?

青鬼とは。

北海道にある、株式会社わかさいも本舗が製造している地ビールは「鬼伝説」シリーズと呼ばれていて、その中でも「青鬼」はピルスナータイプのビールです。

青鬼の特徴と味わい

青鬼の特徴と味わい

青鬼は、北海道のオニビシビール株式会社が製造する地ビールです。1997年に初めて醸造されて以来、毎年着実に販売数を伸ばし、現在では北海道の地ビールの代名詞的存在となっています。

青鬼の特徴は、なんといってもその苦味です。IBU(国際苦味単位)は30以上と、一般的なビールの2~3倍の苦味があります。この苦味は、アメリカ産のカスケードホップを使用することで実現されています。カスケードホップは、柑橘系のアロマと強い苦味を持つホップで、クラフトビールの醸造には欠かせない存在です。

青鬼のもう一つの特徴は、その飲みやすさです。苦いビールは敬遠されがちですが、青鬼は苦味が強すぎず、むしろ後味のスッキリとした飲みやすさが特徴です。これは、麦芽の配合や発酵方法に工夫を凝らした結果です。

青鬼の味わいは、まさにホップの苦味と麦芽の甘みのバランスが絶妙です。苦味はしっかりとしていますが、決して嫌味ではなく、むしろ爽快感があります。麦芽の甘みもほどよく感じられ、苦味と甘みのコントラストが楽しめるビールです。

青鬼は、その特徴的な苦味と飲みやすさで多くの人々に愛される地ビールです。北海道を訪れた際には、ぜひ一度は味わってみてほしいビールです。

青鬼の名前の由来

青鬼の名前の由来

-青鬼の名前の由来-

青鬼の名前の由来は、醸造所がある余市岳に伝わるアイヌの伝説に由来しています。その昔、余市岳には青鬼が住んでいて、人々を襲っていたとされています。あるとき、アイヌの戦士が青鬼を退治し、人々を救いました。青鬼は退治されましたが、その名前にちなんでビールが作られました。

青鬼ビールは、北海道余市町の「ニセコビール株式会社」が製造している地ビールです。1997年に発売され、北海道を中心に人気を博しています。青鬼ビールの特徴は、その苦味とコクです。ホップの量が通常のビールよりも多く使われており、苦味が強く、コクがあります。また、北海道産の小麦を使用することで、まろやかな口当たりを実現しています。

青鬼ビールは、北海道の郷土料理であるジンギスカンやザンギとの相性が抜群です。また、バーベキューやキャンプなど、アウトドアシーンでも人気があります。北海道を訪れた際には、ぜひ青鬼ビールを味わってみてはいかがでしょうか。

青鬼の製造元と購入できる場所

青鬼の製造元と購入できる場所

青鬼の製造元は、北海道旭川市にある「旭川ビア工房」です。旭川ビア工房は、1996年に設立された北海道で最初の地ビール醸造所です。青鬼はその旭川ビア工房が最初に造った地ビールで、現在も同社の代表的な銘柄となっています。青鬼は、厳選された麦芽とホップを使用し、伝統的な製法で丁寧に造られています。苦味とキレが特徴の、北海道らしい地ビールです。

青鬼は、北海道内の酒販店やスーパー、飲食店などで購入することができます。また、旭川ビア工房のオンラインショップでも販売されています。インターネット通販で気軽に購入することができます。

タイトルとURLをコピーしました