「棒きなこ」ってどんなお菓子?

スポンサーリンク

「棒きなこ」ってどんなお菓子?

棒きなことは。

棒きなこは、駄菓子の一種です。黒糖、水あめなどを混ぜ合わせて、きな粉をまぶして作られます。爪楊枝に刺したものが多く、先端が赤色をしたものは当たりでもう1本もらえるのが特徴です。西島製菓(棒きなこ当)、ナマイ商店(棒キナコ飴)などが製造しており、「きなこ棒」とも呼ばれています。

棒きなこの歴史

棒きなこの歴史

棒きなこの歴史は古く、平安時代にはすでに存在していたとされています。当時は「きな粉餅」と呼ばれ、宮中や武家の間で愛されていました。江戸時代になると、きな粉餅は庶民の間にも広まり、全国各地で作られるようになりました。明治時代には、棒状に成形された「棒きなこ」が登場し、その手軽さから人気を博しました。大正時代には、棒きなこに黒蜜や砂糖をまぶした「みたらし団子」が誕生し、こちらも多くの人に愛されるようになりました。昭和時代に入ると、棒きなこは駄菓子屋やスーパーなどで広く販売されるようになり、国民的なお菓子となりました。現在では、棒きなこは和菓子の定番として親しまれており、全国各地でさまざまなバリエーションが存在しています。

棒きなこの作り方

棒きなこの作り方

棒きなこの作り方

1. 下準備
もち米を洗い、水に1時間程度浸しておく。

2. 蒸す
蒸し器に布巾を敷き、もち米を平らにならして蒸す。強火で15分、弱火で15分程蒸す。

3. 搗く
蒸したもち米を臼に移し、杵で搗く。最初は強く搗き、だんだんと弱く搗いていく。全体が均一になったら、平らに伸ばして冷ます。

4. 棒状に切る
冷めたもち米を、包丁で縦4等分、横3等分にして12本に切る。

5. きな粉をまぶす
バットにきな粉を敷き、切ったもち米を転がして全体にきな粉をまぶす。

6. 完成
きな粉をまぶしたもち米をラップで包み、冷蔵庫で冷やす。食べる前に冷やしたもち米をお茶に浸して食べる。

棒きなこの食べ方

棒きなこの食べ方

棒きなこは、きな粉を水あめや砂糖、水飴で固めたお菓子です。きな粉の香ばしい風味と、水あめの甘さが特徴です。棒きなこは、江戸時代に庶民の間で親しまれてきたお菓子で、現在でも駄菓子として販売されています。

棒きなこは、そのまま食べても美味しいですが、アレンジを加えて食べるのもおすすめです。棒きなこを細かく砕いて、アイスクリームやヨーグルトにトッピングしたり、牛乳に溶かしてきなこ牛乳にして飲んだりするのもおすすめです。また、棒きなこを細かく砕いて、きなこ餅やきな粉団子を作ったり、きな粉をまぶした揚げパンを作ったりするのもおすすめです。

棒きなこは、そのまま食べてもアレンジを加えて食べても美味しいお菓子です。駄菓子屋さんやスーパーなどで販売されていますので、ぜひ一度お試しください。

タイトルとURLをコピーしました