クレパスとは?特徴や使い方、人気の種類を解説

スポンサーリンク

クレパスとは?特徴や使い方、人気の種類を解説

クレパスとは。

クレパスは、サクラクレパス株式会社が製造販売する描画材料のブランド名です。1925年に販売を開始しました。パステルの発色のよさとクレヨンの定着性のよさを兼ね備えた描画材料で、クレパスの絵は独特の温かみがあります。クレパスは登録商標です。

クレパスの特徴

クレパスの特徴

クレパスの特徴

クレパスは、柔らかく、ムラなく塗ることができるため、初心者でも簡単に使用できます。また、重ね塗りをすることで、さまざまな色を表現することが可能です。さらに、水で溶かすことで水彩画のような表現もできます。クレパスは、絵を描くだけでなく、工作にも使用することができます。たとえば、クレパスで紙を染めてから、それを切って貼って、コラージュを作ることもできます。また、クレパスで描いた絵をスキャンして、パソコンで加工することもできます。クレパスは、自由な発想でいろいろな作品を作ることができる画材です。

クレパスの使い方

クレパスの使い方

クレパスを使うには、まずクレパスを尖らせておきます。クレパスは芯が柔らかいので、簡単に削ることができます。削りすぎないように注意しましょう。削りすぎると芯が折れてしまい、使いづらくなります。

次に、クレパスを手に持ちます。クレパスを持つときには、親指と人差し指でクレパスを挟み、中指と薬指でクレパスを支えます。小指は添えます。クレパスを強く握りすぎないように注意しましょう。強く握りすぎると、クレパスが折れてしまい、使いづらくなります。

クレパスを手に持ったら、紙にクレパスを当てるだけです。クレパスは、力を入れなくても紙に色がつきます。クレパスを動かすときには、クレパスを滑らせるようにしましょう。クレパスを強く押しつけると、紙が破れてしまいます。

クレパスは、重ね塗りをすることで、色の濃さを調整することができます。重ね塗りをすることで、より濃い色を作ることができます。また、クレパスを重ね塗りすることで、ぼかし効果を出すことができます。

クレパスは、さまざまな色があります。そのため、さまざまな絵を描くことができます。クレパスを使って、風景画や人物画、動物画など、さまざまな絵を描いてみましょう。

クレパスの種類

クレパスの種類

クレパスの種類

クレパスには、さまざまな種類があります。ここでは、代表的なものをいくつかご紹介します。

* -固形クレパス-

固形クレパスは、最も一般的なタイプのクレパスです。固い芯を持ち、紙に強くこすっても折れたり曲がったりしにくいため、太い線や面塗りなどに適しています。

* -軟質クレパス-

軟質クレパスは、固形クレパスよりも柔らかく、芯が折れやすいのが特徴です。しかし、その分、発色が良く、柔らかい線や細い線を描くことができます。また、重ね塗りもしやすいため、グラデーションやぼかしなどの表現が可能です。

* -油性クレパス-

油性クレパスは、油分を多く含んだクレパスです。耐水性と耐光性に優れているため、屋外での使用や、作品を長期間保存したい場合に適しています。また、発色が良く、重ね塗りも容易なので、さまざまな表現が可能です。

* -水性クレパス-

水性クレパスは、水で溶けるクレパスです。水を含ませた筆で塗ると、水彩画のような風合いを出すことができます。また、水で薄めれば、淡い色合いを出すことも可能です。

* -パステル-

パステルは、固形クレパスの一種ですが、他のクレパスよりも柔らかく、粉状になっています。そのため、ぼかしやグラデーションなどの表現が容易で、ふんわりと優しい印象の作品を描くことができます。

これらの種類以外にも、ラメ入りのクレパスや、蛍光色のクレパスなど、さまざまな種類があります。自分の好みに合ったクレパスを見つけて、楽しくお絵描きしましょう。

タイトルとURLをコピーしました