「どろめ」とは何だ?高知県の郷土料理

スポンサーリンク

「どろめ」とは何だ?高知県の郷土料理

どろめとは。

どろめとは、高知県でイワシの稚魚のことを呼ぶ名称です。

どろめの定義と特徴

どろめの定義と特徴

どろめは、高知県の郷土料理のひとつです。高知県では、一般的にカタクチイワシの稚魚のことですが、その定義は曖昧で、地域によって含まれる魚の種類は異なります。カタクチイワシの稚魚以外にも、マイワシ、ウルメイワシ、コノシロ、サッパなどの稚魚も含まれることがあります。

どろめは、その独特の風味と食感が特徴で、高知県では昔から愛されている食材です。刺身、天ぷら、煮付け、佃煮など、さまざまな料理に使用されます。また、酒の肴としても人気があります。

どろめは、栄養価も高く、カルシウム、鉄分、ビタミンDなどの栄養素が豊富に含まれています。これらは、骨や歯を強くする、貧血を防ぐ、免疫力を高めるなどの効果があると言われています。

高知県におけるどろめの食べ方

高知県におけるどろめの食べ方

高知県で古くから伝わる郷土料理である「どろめ」は、イカナゴの稚魚を使った料理です。正式名称は「どろくえ」といい、その昔、漁師が漁の合間に火を起こし、釜で煮て食べていたことに由来します。漁師たちが、海で獲れたどろめを塩蔵や干物にして、保存食にしていたことから、この料理が生まれたといわれています。

どろめは、その独特の苦味と塩気が特徴で、高知県民にとって、なくてはならない郷土料理です。高知県におけるどろめの食べ方は、大きく分けて2種類あります。1つは、どろめをそのまま食べる方法です。そのまま食べると、どろめの苦味と塩気をダイレクトに味わうことができます。もう1つの食べ方は、どろめを甘辛く煮た「どろめ煮」にする方法です。どろめ煮は、ご飯のおかずとしても、酒のつまみとしてもよく合います。

どろめの栄養と効能

どろめの栄養と効能

-どろめの栄養と効能-

どろめは、カルシウム、鉄、亜鉛などのミネラルが豊富で、貧血予防や骨粗しょう症予防に効果的です。また、ビタミンA、B1、B2、Cなどのビタミン類も豊富で、美肌効果や疲労回復効果が期待できます。

さらに、どろめには、DHAやEPAなどの不飽和脂肪酸が豊富に含まれており、血液をサラサラにして、血圧を下げる効果があります。また、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病の予防にも効果的です。

どろめには、タウリンも豊富に含まれており、肝機能を高める効果があります。また、タウリンには、疲労回復効果や血圧を下げる効果もあるため、生活習慣病の予防にも効果的です。

どろめは、栄養価の高い食材で、様々な健康効果が期待できます。高知県を訪れた際には、ぜひどろめを味わってみてください。

タイトルとURLをコピーしました