フィッシュボーンノットとは?その結び方や特徴を詳しく紹介!

スポンサーリンク

フィッシュボーンノットとは?その結び方や特徴を詳しく紹介!

フィッシュボーンノットとは。

フィッシュボーンノットはネクタイの結び方で、斜めの線模様が魚の骨に似ていることからその名前が付けられました。結び目の下部は細く締めて仕上げます。

フィッシュボーンノットとは?

フィッシュボーンノットとは?

フィッシュボーンノットとは?

フィッシュボーンノットは、釣り糸を結ぶノットのひとつで、別名「フィッシュボーンノット」「フィッシュボーン・ノット」とも呼ばれています。フィッシュボーンノットは、強度が高く、結び目が小さくて目立たないのが特徴です。また、解きやすいのも大きなメリットです。フィッシングラインを接続するだけでなく、リーダーやフック、ルアーなどを結ぶのにも適しています。ダブルラインとシングルラインの2種類があり、ダブルラインは強度が高く、シングルラインは結び目が小さく目立たないのが特徴です。

フィッシュボーンノットの結び方

フィッシュボーンノットの結び方

フィッシュボーンノットの結び方

1. 2本のロープの先端をそれぞれ約15cm程度残して切り取る。
2. 2本のロープを並べて持ち、片方のロープをもう片方のロープの下から交差させて、左上に引き上げる。
3. 反対側のロープも同様に交差させ、右下から左上に引き上げる。
4. 2本のロープを交互に交差させながら、ロープが右上に上がるように引き上げていく。
5. ロープが15cm程度残ったら、2本のロープをまとめて結び目を作り、締め付ける。
6. 結び目を整えて完成させる。

フィッシュボーンノットは、フィッシングやキャンプなどのアウトドアアクティビティで使用されることが多い結び方で、ロープをしっかりと固定することができます。また、装飾的な結び方としても使用することができ、編み物やクラフトなどにも応用することができます。

タイトルとURLをコピーしました