学国新とは?小学生必携の国語辞典を徹底解説

スポンサーリンク

学国新とは?小学生必携の国語辞典を徹底解説

学国新とは。

「学国新」とは、小学館から刊行されている、小学生向けの国語辞典『小学館学習国語新辞典』のことです。

学国新の特徴と他の国語辞典との違い

学国新の特徴と他の国語辞典との違い

学国新は、小学生に最適な国語辞典です。学研が50年以上の歴史をかけて編集し、小学生の学習に役立つ工夫がたくさん盛り込まれています。

学国新の特徴は、まず、わかりやすい言葉で書かれていることです。小学生でも理解しやすいように、難しい言葉はできるだけ使わず、平易な言葉で説明しています。また、漢字にはすべて読み仮名が振ってあるので、漢字が読めない小学生でも安心して使うことができます。

学国新は、学習に役立つ工夫がたくさん盛り込まれています。一つは、漢字の書き順が載っていることです。漢字の書き方を覚えるのに役立ちます。また、言葉の意味を詳しく説明しているのも特徴です。言葉の意味を正しく理解することで、国語力を高めることができます。さらに、学国新には、たくさんのイラストや写真が載っています。イラストや写真は、言葉の意味をよりわかりやすくしてくれます。

学国新は、小学生の学習に最適な国語辞典です。わかりやすい言葉で書かれていて、学習に役立つ工夫がたくさん盛り込まれています。学国新を使うことで、小学生は国語力を高めることができます。

学国新の選び方とおすすめの使い方

学国新の選び方とおすすめの使い方

学国新は、小学生向けの必携の辞典で、国語力を育むために最適です。学国新を選ぶ際には、以下の点に注目しましょう。

* -学年の発達段階に対応しているか?- 学国新には、学年に応じて内容が異なる3種類が用意されています。低学年向けには「学国新 初級編」、中学年向けには「学国新 中級編」、高学年向けには「学国新 上級編」があるので、子どもの発達段階に合わせて選んでください。
* -掲載項目数と内容- 学国新に掲載されている項目数は、約16,000語です。収録項目の豊富さと、わかりやすい解説が特徴です。また、ことばの意味や使い方を理解するために役立つ例文やイラスト、図表なども豊富に掲載されているので、楽しみながら学ぶことができます。

学国新の使い方も重要です。学習に取り入れる際には、以下のポイントを押さえておきましょう。

* -分からない言葉に出会ったら必ず調べる- 言葉の理解を深めるために、分からない言葉に出会ったら必ず辞書を引いて調べてみましょう。学国新は、言葉の理解を助けるために、丁寧でわかりやすい例文やイラスト、図表なども豊富に掲載されているので、楽しみながら学ぶことができます。
* -調べた言葉はノートに書き留める- 調べた言葉は、ノートに書き留めておくと、記憶に残りやすくなります。また、定期的にノートを見直すことで、学んだ言葉を定着させることができます。
* -学国新を読む- 学国新は、国語力の向上に役立つコンテンツが満載です。ことばの意味や使い方を紹介する「ことばのページ」、ことばのクイズやゲームを集めた「ことばの遊び」、国語の勉強に役立つ情報を掲載した「国語の学習」など、さまざまなコンテンツが用意されています。これらのコンテンツを活用して、楽しみながら国語力を向上させることができます。

学国新は、小学生の国語力を育むために最適な辞典です。選び方と使い方を工夫することで、学国新を最大限に活用することができます。

学国新以外のおすすめの国語辞典

学国新以外のおすすめの国語辞典

学国新以外にも、小学生におすすめの国語辞典はたくさんあります。その中でも、特に人気のあるものをいくつかご紹介します。

・小学国語辞典(三省堂)
学国新と並んで人気の高い国語辞典です。漢字の読み方や意味だけでなく、漢字の成り立ちや用法についても詳しく解説されています。また、ことわざや慣用句、俳句や短歌などの文学作品も豊富に収録されています。

・新明解国語辞典(三省堂)
小学生向けの国語辞典としては少し難しいかもしれませんが、中学・高校生にもおすすめの辞典です。漢字の読み方や意味だけでなく、漢字の成り立ちや用法、文法や修辞法などについて詳しく解説されています。また、豊富な用例や例文も収録されています。

・旺文社国語辞典(旺文社)
小学生向けの国語辞典の中では、比較的安価で入手しやすいのが旺文社国語辞典です。漢字の読み方や意味、漢字の成り立ちや用法が詳しく解説されています。また、ことわざや慣用句、俳句や短歌などの文学作品も豊富に収録されています。

・広辞苑(岩波書店)
国語辞典の最高峰ともいわれるのが、広辞苑です。漢字の読み方や意味、漢字の成り立ちや用法はもとより、百科事典的な内容も豊富に収録されています。小学生には少し難しいかもしれませんが、中学・高校生以上であれば、ぜひ持っておきたい一冊です。

タイトルとURLをコピーしました