グリーンガムってどんなおやつ?

スポンサーリンク

グリーンガムってどんなおやつ?

グリーンガムとは。

グリーンガムは、犬用おやつの商品名で、株式会社マルカンが販売しています。豚皮とクロロフィルで構成されています。

グリーンガムの特徴

グリーンガムの特徴

-グリーンガムの特徴-

グリーンガムは、天然由来の素材で作られたガムです。このため、従来のガムよりも歯や体に優しいとされています。

グリーンガムには、キシリトールやエリスリトールなどの天然甘味料が含まれています。これらは砂糖よりも甘みが強いですが、カロリーはほとんど含まれていません。また、グリーンガムには緑茶エキスやクロロフィルなどの成分が含まれており、口臭予防や虫歯予防などの効果が期待できます。

グリーンガムは、従来のガムよりも歯や体に優しいという特徴から、健康志向の人々に人気を集めています。また、グリーンガムはさまざまなフレーバーが展開されており、その味を楽しむことができます。

グリーンガムの効果

グリーンガムの効果

グリーンガムの効果

グリーンガムは、消化器系の健康を改善する効果が期待されています。また、口臭を予防する効果や、虫歯を予防する効果もあると言われています。

グリーンガムは、噛むことで唾液の分泌量が増加します。唾液には、口の中の細菌を洗い流す作用や、虫歯の原因となる酸を中和する作用があります。そのため、グリーンガムを噛むことで、口臭を予防したり、虫歯を予防したりすることができるのです。

さらに、グリーンガムは、腸内の善玉菌を増やす効果があるとも言われています。善玉菌は、腸内環境を整え、消化器系の健康を維持するのに役立ちます。そのため、グリーンガムを噛むことで、消化器系の健康を改善することが期待されているのです。

グリーンガムの与え方

グリーンガムの与え方

グリーンガムの与え方

グリーンガムは、噛むことで虫歯予防や口臭予防などの効果が得られるおやつです。しかし、与え方によっては、かえってお子様の健康を害することもあります。グリーンガムを与える際には、以下の点に注意しましょう。

・1日の摂取量を守りましょう。一般的に、グリーンガムは1日1粒までとされています。目安として、小学生以下のお子様には1日1粒、中学生以上のお子様には1日2粒まで与えるようにしましょう。
・食事の前後に与えましょう。飲食後すぐにグリーンガムを与えると、食中毒の原因となる細菌を体内に取り込むリスクがあります。また、食後にグリーンガムを与えると、口内の食べかすを絡め取り、虫歯予防効果が期待できます。
・水と一緒に与えましょう。グリーンガムを噛むと、唾液の分泌量が増加します。そのため、グリーンガムを与える際には、必ず水と一緒に与えるようにしましょう。 水を飲むことで、唾液の分泌量が増加し、虫歯予防効果がさらに高まります。

グリーンガムは、虫歯予防や口臭予防などの効果が得られるおやつです。しかし、与え方によっては、かえってお子様の健康を害することもあります。グリーンガムを与える際には、上記の点に注意して、お子様の健康を守りましょう。

タイトルとURLをコピーしました