川崎重工のオートバイ「ニンジャ1000」とは?

スポンサーリンク

川崎重工のオートバイ「ニンジャ1000」とは?

ニンジャ1000とは。

カワサキのスポーツオートバイ「ニンジャ1000」は、2011年から製造され、総排気量1043ccの4気筒エンジンを搭載した大型二輪車です。海外向けの高性能モデルとして販売され、ヨーロッパでは「Z1000SX」という名称で親しまれています。

「ニンジャ1000」の基本情報

「ニンジャ1000」の基本情報

「ニンジャ1000」の基本情報

川崎重工のオートバイ「ニンジャ1000」は、2011年に発売されたスポーツツーリングモデルです。排気量は1,043ccで、最高出力は142ps、最大トルクは112Nmを発生します。車重は238kgで、燃費は市街地で約16km/l、高速道路で約20km/lです。

「ニンジャ1000」のフレームは、軽量で高剛性のアルミニウム製モノコックフレームを採用しています。エンジンは、水冷4ストローク並列4気筒DOHC16バルブを搭載し、最高出力は142ps、最大トルクは112Nmを発生します。トランスミッションは、6速マニュアルまたは6速オートマチックから選択できます。

「ニンジャ1000」の足回りは、フロントに41mm倒立フォーク、リアにリンク式モノショックを採用しています。ブレーキは、フロントに300mmダブルディスク、リアに250mmシングルディスクを採用しています。

「ニンジャ1000」は、スポーツ走行からツーリングまで幅広く楽しめるオートバイです。また、オートマチックトランスミッションモデルの設定があるため、初心者にもおすすめです。

「ニンジャ1000」の性能

「ニンジャ1000」の性能

「ニンジャ1000」の性能

川崎重工のオートバイ「ニンジャ1000」は、その優れた性能で人気を集めています。エンジンは、最高出力142馬力、最大トルク111Nmを発揮する1,043ccの水冷4ストローク並列4気筒エンジンを搭載しています。このエンジンは、低回転域から高回転域までスムーズなパワーを発揮し、街乗りからツーリングまで幅広いシーンで活躍します。また、燃費も20km/L以上と良好です。

足回りは、フロントに43mm径の倒立フォーク、リアにリンク式モノショックを採用しています。この足回りは、路面からの衝撃をしっかりと吸収し、安定した走りを提供します。また、ブレーキは、フロントにデュアル300mmディスクと4ピストンキャリパー、リアに250mmディスクと2ピストンキャリパーを採用しています。このブレーキは、強力な制動力を発揮し、ライダーの安全を確保します。

「ニンジャ1000」は、その優れた性能に加えて、スタイリッシュなデザインも魅力です。シャープなヘッドライトとテールライト、そして流線型のフォルムは、見る者を魅了します。また、カラーリングも豊富で、自分の好みに合ったカラーを選ぶことができます。

「ニンジャ1000」は、その優れた性能とスタイリッシュなデザインで、多くのライダーを魅了するモデルです。街乗りからツーリングまで幅広いシーンで活躍する「ニンジャ1000」は、ライダーにとって最高の相棒となるでしょう。

「ニンジャ1000」の価格

「ニンジャ1000」の価格

「ニンジャ1000」の価格

川崎重工のオートバイ「ニンジャ1000」の価格は、1,485,000円(税込み)です。これは、オートバイの中でも高価な部類に入りますが、その性能や装備を考えると、納得のいく価格設定といえます。

「ニンジャ1000」は、1,043ccの水冷4ストローク並列4気筒エンジンを搭載しており、最高出力は142馬力、最大トルクは111Nmを発生します。また、電子制御スロットルやトラクションコントロール、ABSなど、最新の電子制御システムを多数装備しています。

「ニンジャ1000」のライバル車としては、ホンダの「CBR1000RR-R」やヤマハの「YZF-R1」などが挙げられます。これらのオートバイも、高性能で高価なモデルですが、「ニンジャ1000」は、それらよりも少し安価に設定されています。

「ニンジャ1000」は、スポーツ走行からツーリングまで、幅広い用途に使えるオートバイです。高性能なエンジンと電子制御システムを備えており、快適なライディングポジションなので、長距離ツーリングにも最適です。

タイトルとURLをコピーしました