モルメンとは?北海道旭川のソウルフード

スポンサーリンク

モルメンとは?北海道旭川のソウルフード

モルメンとは。

モルメンは北海道旭川市のご当地ラーメンで、ラーメン店「ひまわり」で提供されています。ラーメンの上には下ゆでしたホルモンがのっており、提供直前に香ばしく焼き上げられているのが特徴です。

モルメンの歴史と特徴

モルメンの歴史と特徴

-モルメンの歴史と特徴-

モルメンは、北海道旭川のソウルフードとして親しまれている焼きそばです。その歴史は古く、大正時代にはすでに旭川で屋台などで売られていたと言われています。当時のモルメンは、現在のようなソースではなく、醤油味だったそうです。

昭和初期には、旭川に製麺所が増え、麺の供給が安定したことで、モルメンは旭川のソウルフードとして定着しました。また、この頃には、モルメンにソースが使われるようになり、現在のモルメンの原型が完成しました。

モルメンの特徴は、太くてモチモチとした麺と、あっさりとしたソースです。麺は、小麦粉と水を混ぜて練り、専用の機械で伸ばして作られます。ソースは、ウスターソースや醤油などをベースに作られており、甘みと酸味のバランスが絶妙です。

モルメンは、旭川市民にとってなくてはならないソウルフードです。旭川を訪れた際には、ぜひ一度モルメンを味わってみてください。

モルメンの作り方とコツ

モルメンの作り方とコツ

モルメンの作り方とコツ

モルメンは、北海道旭川市のソウルフードです。ラーメンの一種で、一般的に豚骨スープに、太目のちぢれ麺、もやし、玉ねぎ、メンマ、チャーシューがのっています。

モルメンを作るには、まずスープを作ります。豚骨を水から煮込み、アクを取りながら弱火で3時間ほど煮ます。スープが澄んできたら、塩、しょうゆ、みりん、酒、ニンニク、生姜などで味を調えます。

次に、麺を茹でます。モルメンには、太目のちぢれ麺を使用します。麺を茹でるときは、沸騰したお湯に麺を入れ、表示時間通りに茹でます。

麺が茹で上がったら、スープをかけて具材をのせます。もやし、玉ねぎ、メンマ、チャーシューをトッピングします。

モルメンは、シンプルながらも奥深い味わいのラーメンです。もやしや玉ねぎのシャキシャキとした食感と、豚骨スープの濃厚なコクが特徴です。

モルメンを美味しく作るコツは、スープをしっかりと煮込むことです。豚骨を弱火で長時間煮込むことで、旨味を引き出すことができます。また、麺は茹ですぎないように注意しましょう。茹ですぎると、麺が伸びてコシがなくなってしまいます。

モルメンは、北海道旭川市を訪れたらぜひ食べてみたい一品です。旭川市には、モルメンを提供しているラーメン店がたくさんありますので、お好みの味を見つけてみてください。

おすすめのモルメンを提供する旭川のラーメン店

おすすめのモルメンを提供する旭川のラーメン店

旭川でモルメンといえば、必ずと言っていいほど名前が挙がるのが、「蜂屋」です。旭川市民に愛される老舗ラーメン店で、その歴史は古く、昭和30年代に創業しました。モルメンのスープは、鶏ガラをベースに、豚骨や野菜などをじっくり煮込んだもので、あっさりとした中にもコクがある味わい。麺は中太の縮れ麺で、スープとの相性も抜群です。

蜂屋のモルメンは、シンプルながらも、そのおいしさは折り紙付き。旭川市民のみならず、全国のラーメンファンが足を運ぶ名店です。旭川を訪れたら、ぜひ一度味わってみてください。

蜂屋の他にも、旭川にはモルメンを提供するラーメン店が数多くあります。その中でも、特におすすめしたいのが、「山頭火」です。山頭火は、北海道ラーメンを代表する人気チェーン店で、旭川にも数店舗を構えています。山頭火のモルメンは、蜂屋のモルメンとはひと味違ったおいしさで、クリーミーなスープとモチモチの麺が特徴です。

蜂屋と山頭火の他にも、旭川にはモルメンを提供するラーメン店が数多くあります。ぜひ、自分好みのモルメンを探してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました