大空豚しゃぶ長いも丼とは?その歴史と作り方

スポンサーリンク

大空豚しゃぶ長いも丼とは?その歴史と作り方

大空豚しゃぶ長いも丼とは。

大空豚しゃぶ長いも丼は、北海道網走郡大空町で生まれたご当地グルメです。ご飯の上に、豚のしゃぶしゃぶ肉と長芋を載せて食べる丼料理です。タレの味つけや、長芋の調理法(とろろ、細切りなど)は、お店によって異なります。

大空豚しゃぶ長いも丼の歴史

大空豚しゃぶ長いも丼の歴史

大空豚しゃぶ長いも丼の起源は、北海道道東に伝わる郷土料理「十勝豚丼」にあると考えられています。「十勝豚丼」は、十勝産の豚肉を醤油ベースのタレで味付けし、ご飯の上にのせた丼ぶり料理です。1970年代に、帯広市の飲食店「ばんちょう」が「十勝豚丼」をメニューに取り入れ、これが人気を博したことがきっかけで、十勝地方に「豚丼」が広まりました。

その後、1980年代に、帯広市の飲食店「千秋庵」の店主が、「十勝豚丼」に長いもをトッピングした「豚丼」を提供し始めました。これが人気を博し、「大空豚しゃぶ長いも丼」が誕生しました。

「大空豚しゃぶ長いも丼」は、大空町産の豚肉をしゃぶしゃぶにして、長いもと一緒に丼ぶりに入れた料理です。豚肉は、しゃぶしゃぶすることで柔らかく、ジューシーな仕上がりになります。長いもは、シャキシャキとした食感と、ほのかな甘みが特徴です。タレは、醤油ベースのタレに、ショウガ、ニンニク、ゴマなどを加えたものです。

大空豚しゃぶ長いも丼の作り方

大空豚しゃぶ長いも丼の作り方

-大空豚しゃぶ長いも丼の作り方-

1. 豚肉を一口大に切る。長いもは皮をむいて1cm厚さの縦半分に切る。
2. フライパンに油を熱し、豚肉と長いもを炒める。豚肉に火が通ったら、酒、しょうゆ、みりん、砂糖を加えて煮る。
3. 長芋が柔らかくなったら、溶き卵を加えて半熟状にする。
4. ご飯を丼に盛って、豚肉と長いもをのせる。
5. お好みで、小口切りにした万能ねぎや七味唐辛子を散らす。

-コツ・ポイント-

* 豚肉は、肩ロースやバラ肉など、脂身の多い部位がおすすめ。
* 長いもは、シャキシャキした食感が残るように、炒めすぎないように注意する。
* 溶き卵は、半熟状に仕上げることで、コクのある味わいになる。
* お好みで、キムチやチーズをのせてもおいしい。

タイトルとURLをコピーしました