りんりんGOとは?

スポンサーリンク

りんりんGOとは?

りんりんGOとは。

「りんりんGO」は、東京都板橋区のコミュニティバスです。正式名称は「コミュニティバスりんりんGO」。板橋市場、都営地下鉄新高島平駅、東武鉄道下赤塚駅などを循環しています。「りんりん号」とも表記されます。

りんりんGOの歴史

りんりんGOの歴史

りんりんGOの歴史

りんりんGOの歴史は、1999年にまで遡ります。当時、JR北海道は、北海道の自然を満喫しながらサイクリングを楽しめる「北海道サイクリングツアー」を実施していました。このツアーは大好評を博し、JR北海道は、このツアーを定期的に開催することにしました。そして、2003年に、このツアーを「りんりんGO」と名付けました。

りんりんGOは、当初、北海道の3つのサイクリングコースを巡るツアーでしたが、その後、コースを追加し、現在では、北海道の10のサイクリングコースを巡るツアーとなっています。また、りんりんGOは、当初はJR北海道のみが主催していましたが、その後、北海道の他の鉄道会社やバス会社も参加するようになり、現在は、北海道の鉄道会社やバス会社が共同で主催しています。

りんりんGOは、北海道の自然を満喫しながらサイクリングを楽しめるツアーとして、毎年多くの人に参加されています。また、りんりんGOは、北海道の観光振興にも貢献しており、北海道の観光地の中では、特に人気のあるツアーとなっています。

りんりんGOのルートと停留所

りんりんGOのルートと停留所

りんりんGOのルートと停留所

りんりんGOのルートは、築地市場前から築地本願寺前までを結ぶ約1.5kmのループ状のコースです。停留所は、築地市場前、築地本願寺前、築地魚河岸、築地場外市場、築地北口、隅田川親水公園、築地親水公園の7か所です。

築地市場前から築地本願寺前までを約10分間で運行しています。運行時間は、午前9時から午後6時30分までです。料金は、大人200円、子供100円です。

りんりんGOは、築地の観光スポットを巡るのに便利な乗り物です。築地市場、築地本願寺、築地魚河岸、築地場外市場など、築地の観光スポットを効率よく巡ることができます。また、隅田川親水公園や築地親水公園など、築地の憩いの場にも行くことができます。

りんりんGOの利用方法

りんりんGOの利用方法

りんりんGOの利用方法

りんりんGOの利用方法は、以下の手順です。

1. りんりんGOのアプリをダウンロードして、アカウント登録をする。
2. 利用したい自転車のQRコードをアプリで読み取る。
3. 自転車の鍵が開錠される。
4. 自転車に乗車する。
5. 目的地に到着したら、自転車を駐輪場に停める。
6. アプリで自転車の鍵を施錠する。

自転車を返却する際は、以下の手順です。

1. アプリで返却したい自転車のQRコードを読み取る。
2. 自転車の鍵が開錠される。
3. 自転車を駐輪場に停める。
4. アプリで自転車の鍵を施錠する。

りんりんGOを利用する際には、以下の点に注意が必要です。

* りんりんGOは、一定のエリア内でのみ利用可能です。
* りんりんGOを利用するには、アプリのダウンロードとアカウント登録が必要です。
* りんりんGOの利用には、料金がかかります。
* りんりんGOを利用する際は、自転車の利用規約を遵守する必要があります。

タイトルとURLをコピーしました