「誠鏡」はどんな日本酒?産地と原料や味は?

スポンサーリンク

「誠鏡」はどんな日本酒?産地と原料や味は?

誠鏡とは。

誠鏡とは、広島県にある中尾醸造株式会社が製造する日本酒です。純米吟醸酒、純米酒、本醸造酒など、様々な種類がそろっています。

誠鏡の産地と原料

誠鏡の産地と原料

誠鏡の産地と原料

誠鏡は、新潟県内の蔵元である緑川酒造が製造する日本酒です。緑川酒造は、新潟県村上市で1830年(天保元年)に創業した老舗酒蔵です。誠鏡の原料米は、新潟県産の五百万石を使用しています。五百万石は、新潟県で多く栽培されている酒造好適米で、大粒で心白が大きく、日本酒の醸造に適しています。誠鏡は、五百万石を55%まで精米して使用することで、雑味のないすっきりとした味わいに仕上げています。

誠鏡の製造方法

誠鏡の製造方法

誠鏡の製造方法

誠鏡は、伝統的な手法で製造されています。まず、米を水に浸し、柔らかくしてから蒸します。蒸した米を冷ましてから、米麹と酵母を加えて発酵させます。発酵が終わると、醪(もろみ)を搾って清酒を取り出します。清酒を火入れして殺菌し、熟成させてから瓶詰めします。

誠鏡の製造には、手間と時間がかかります。しかし、その分、誠鏡はまろやかで深みのある味わいに仕上がります。誠鏡は、和食との相性が抜群で、食中酒として楽しむのに最適なお酒です。

誠鏡は、全国各地の酒蔵で製造されていますが、特に有名なのが長野県の酒蔵です。長野県の酒蔵は、清冽な水と米、そして熟練の技で、高品質な誠鏡を製造しています。長野県の誠鏡は、全国的にも高い評価を受けており、多くの日本酒愛好家に親しまれています。

タイトルとURLをコピーしました