スズキRMとは?

スポンサーリンク

スズキRMとは?

スズキRMとは。

スズキRMとは、スズキが製造・販売したモトクロス競技用のオートバイのシリーズです。RM60、RM125、RM250、RM500など排気量が異なる派生車種があり、子供向けのモデルもラインナップされています。

スズキRMの特徴

スズキRMの特徴

スズキRMの特徴

スズキRMは、スズキが製造するエンデューロレーサーのシリーズです。1970年代初頭に発売され、現在も販売されています。RMシリーズは、その強力なエンジン、優れたサスペンション、軽量な車体で知られています。オフロードレースの世界でも高い評価を受けており、プロのレーサーから一般のライダーまで幅広く愛されています。

RMシリーズのエンジンは、2ストロークと4ストロークの両方のタイプが用意されています。排気量は125ccから500ccまであり、それぞれのモデルによって最適なパワーとトルクを備えています。サスペンションは、フロントにテレスコピックフォーク、リアにリンク式モノショックを採用。長時間の走行でもライダーを快適にサポートしてくれる優れた乗り心地を実現しています。フレームは軽量なアルミニウム合金製で、高い剛性と耐久性を備えています。

RMシリーズは、オフロードレースで勝利を収めるために必要な性能を備えた、高性能なエンデューロレーサーです。その優れた性能と信頼性から、プロのレーサーから一般のライダーまで幅広く愛されています。

スズキRMの歴史

スズキRMの歴史

スズキRMの歴史

スズキRMは、1971年にスズキが発売したオフロード競技用オートバイである。RMの「R」はロードレースを意味し、「M」はモトクロスを意味する。スズキRMは、ロードレースとモトクロスという2つの異なる競技で使用されることを意識して開発された。

スズキRMは、当時としては非常に軽量で高性能なマシンであり、国内外のモトクロスレースで多くの成功を収めた。特に、1973年にロジャー・デ・コスターがスズキRM125でモトクロス世界選手権500ccクラスで優勝したことは、スズキRMの名を広く知らしめることとなった。

その後、スズキRMはモデルチェンジを繰り返し、常に最新の技術を取り入れてきた。現在では、RM-Z250、RM-Z450、RM85の3車種がラインナップされている。これらのマシンは、モトクロス世界選手権や全日本モトクロス選手権などのトップレベルのレースで活躍しており、高い人気を誇っている。

スズキRMの現行車種

スズキRMの現行車種

スズキRMの現行車種

スズキRMの現行車種は、RMZ250とRMZ450の2車種です。RMZ250は、249ccの水冷4ストローク単気筒エンジンを搭載し、最高出力33馬力を発生します。軽量なアルミフレームとスチール製のサブフレームを採用し、乾燥重量101kgとなっています。前輪は21インチ、後輪は19インチのホイールを採用しており、オフロード走行に適した仕様となっています。

RMZ450は、449ccの水冷4ストローク単気筒エンジンを搭載し、最高出力43馬力を発生します。RMZ250よりも大型の車体で、乾燥重量108kgとなっています。前輪は21インチ、後輪は18インチのホイールを採用しており、モトクロスレースに適した仕様となっています。

両車種とも、最新の燃料噴射システムや電子制御システムを搭載しており、優れたパフォーマンスを発揮します。また、高剛性のフレームとサスペンションを採用しており、オフロード走行に適した走破性を備えています。

タイトルとURLをコピーしました