「太古の恵み」ってどんな塩?

スポンサーリンク

「太古の恵み」ってどんな塩?

太古の恵みとは。

「太古の恵み」とは、社会福祉法人ワーナーホーム(千葉県大網白里市)が製造販売している塩の商品名です。パキスタンの岩塩を精製して作られています。

「太古の恵み」の特徴

「太古の恵み」の特徴

「太古の恵み」は、その名の通り、太古の昔から人々に愛されてきた塩です。その特徴は、なんといってもそのミネラル分の豊富さにあります。カリウム、マグネシウム、カルシウム、ナトリウムなどのミネラルがバランスよく含まれており、健康維持に欠かせない栄養素を補給することができます。

また、「太古の恵み」は、一般的な食塩よりも塩分濃度が低く、まろやかな味わいが特徴です。そのため、塩辛すぎず、素材の味を邪魔しないので、どんな料理にも合わせることができます。さらに、「太古の恵み」は、にがり成分を多く含んでおり、このにがり成分が、食材の旨味を引き出す効果があると言われています。

「太古の恵み」は、そのミネラル分の豊富さと、まろやかな味わいで、健康に良い塩として、多くの人々に愛されています。料理の味を引き立てるだけでなく、健康維持にも役立つので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

「太古の恵み」の製造工程

「太古の恵み」の製造工程

「太古の恵み」の製造工程

「太古の恵み」は、沖縄県の宮古島で製造されている塩です。その製造工程は、海水を集めて自然乾燥させるというシンプルなものです。しかし、その工程には、細部にまでこだわった職人の技が詰まっています。

まず、海水を集めるのは、満月の夜です。満月の夜は、海の水が最も澄んでいるといわれています。集めた海水を、天日と風の力で自然乾燥させます。このとき、塩田に海水を入れてから塩ができるまで、一切手を加えません。

塩が結晶化したら、塩田から塩を集めて洗浄します。洗浄には、宮古島の地下水を使用します。宮古島の地下水は、ミネラルを豊富に含んでおり、塩にまろやかな甘みを与えます。

洗浄した塩は、天日干しで乾燥させます。乾燥させた塩は、袋詰めをして出荷されます。

「太古の恵み」の製造工程は、シンプルですが、職人の技が光る工程です。職人の技によって、「太古の恵み」は、まろやかな甘みと旨味のある塩に仕上がっています。

「太古の恵み」のおすすめの食べ方

「太古の恵み」のおすすめの食べ方

「太古の恵み」は、その名の通り、太古の昔から人々に愛されてきた塩です。その歴史は古く、紀元前3,000年の中国で、すでに塩田が作られていたという記録が残っています。その後、塩は世界各地に広がり、現在では、地球上のあらゆる地域で生産されています。

塩は、私たちにとってなくてはならない調味料です。料理に味をつけたり、保存性を高めたりする働きがあります。また、塩は、人間の体にとっても重要なミネラルです。私たちは、汗をかいたり、尿をしたりすることで、毎日塩分を体外に排出しています。そのため、塩分を定期的に摂取する必要があります。

「太古の恵み」は、天然の塩であるため、ミネラルが豊富に含まれています。カルシウム、マグネシウム、カリウムなどのミネラルがバランスよく含まれているため、健康維持に役立ちます。また、「太古の恵み」は、まろやかな味わいで、料理の味を引き立ててくれます。

「太古の恵み」のおすすめの食べ方は、やはりシンプルな料理です。おにぎりや焼き魚、卵焼きなど、素材の味が引き立つ料理にぴったりです。また、「太古の恵み」は、スープや味噌汁などの汁物にもよく合います。

「太古の恵み」は、私たちにとってなくてはならない調味料であり、健康維持にも役立つ食品です。ぜひ、普段の食事に取り入れてみてください。

タイトルとURLをコピーしました