プロレス技「ジャックハマー」とは

スポンサーリンク

プロレス技「ジャックハマー」とは

ジャックハマーとは。

ジャックハマーは、プロレスにおける投げ技で、ブレーンバスターの派生技です。アメリカ英語で削岩機の意。

ジャックハマーの歴史と起源

ジャックハマーの歴史と起源

ジャックハマーの歴史と起源

プロレス技「ジャックハマー」は、WWEのレスラー、ゴールドバーグによって考案された技です。ゴールドバーグはアメリカンフットボール選手からプロレスラーに転身しましたが、その経歴からアメリカンフットボールの技であるパントキックをヒントとしてジャックハマーを考案しました。

ジャックハマーは、相手の首を両腕で抱えて持ち上げ、そのまま後方に倒れ込んで相手の頭部をマットに叩きつける技です。強烈なインパクトでダメージを与える技であり、ゴールドバーグが使用する必殺技として知られています。

ジャックハマーは、ゴールドバーグがWCWを主戦場としていた1990年代後半に開発され、1998年にWWEに移籍してからも使用され続けています。ゴールドバーグはジャックハマーで多くの勝利を収め、WWEのトップスターの一人として活躍しました。

ジャックハマーのやり方と手順

ジャックハマーのやり方と手順

ジャックハマーのやり方と手順

1. 相手をコーナーに押し込む

ジャックハマーはコーナーポストを利用した技であるため、まず相手をコーナーに押し込まなければなりません。これは、ストライクや投げ技など、様々な方法で行うことができます。

2. 相手の首を自分の肩に乗せる

相手をコーナーに押し込んだら、相手の首を自分の肩に乗せます。これは、相手の首を両手で抱え、自分の肩に引き寄せることで行います。

3. 相手の体を持ち上げて前に倒す

相手の首を肩に乗せたら、相手の体を持ち上げて前に倒します。このとき、相手の体を自分の腰の高さまで持ち上げる必要があります。

4. 相手の体をマットに叩きつける

相手の体を前に倒したら、自分の体をマットに倒しながら、相手の体をマットに叩きつけます。このとき、自分の体をできるだけ高く持ち上げ、相手の体をできるだけ強くマットに叩きつけることが重要です。

5. 相手をフォールする

ジャックハマーを決めたら、すぐに相手をフォールします。これは、相手の肩をマットに押さえつけて、レフェリーが3カウントを数えることで行います。

ジャックハマーの応用技と派生技

ジャックハマーの応用技と派生技

-ジャックハマーの応用技と派生技-

ジャックハマーは、プロレス技の中でも最も基本的な技の一つです。しかし、そのシンプルさに反して、非常に多様な応用技や派生技が存在します。

-ジャックハマー・DDT-

ジャックハマーの応用技の一つに、ジャックハマー・DDTというものがあります。これは、通常のジャックハマーのように相手を担ぎ上げた状態で、相手の頭をDDTのようにマットに叩きつける技です。

-ジャックハマー・パワーボム-

ジャックハマーの応用技のもう一つに、ジャックハマー・パワーボムというものがあります。これは、通常のジャックハマーのように相手を担ぎ上げた状態で、自分の膝の上に相手を落とすようにパワーボムを行う技です。

-ジャックハマー・スープレックス-

ジャックハマーの派生技の一つに、ジャックハマー・スープレックスというものがあります。これは、通常のジャックハマーのように相手を担ぎ上げた状態で、相手の首を両手でクラッチして投げ捨てるスープレックスを行います。

-ジャックハマー・ドライバー-

ジャックハマーの派生技のもう一つに、ジャックハマー・ドライバーというものがあります。これは、通常のジャックハマーのように相手を担ぎ上げた状態で、相手の首を両手でクラッチして、自分の膝の上に落とすようにドライバーを行う技です。

タイトルとURLをコピーしました