スケルトンくらぶってどんな雑誌?

スポンサーリンク

スケルトンくらぶってどんな雑誌?

スケルトンくらぶとは。

「スケルトンくらぶ」は、株式会社日本文芸社が刊行していたパズル誌でした。スケルトンパズルを掲載し、毎月14日に発売されていました。2013年12月で休刊しました。

スケルトンくらぶの概要

スケルトンくらぶの概要

-スケルトンくらぶの概要-

スケルトンくらぶとは、少年少女を対象とした日本発の科学雑誌です。1960年に創刊され、以来60年以上にわたって子どもたちに科学の楽しさを伝えてきました。

スケルトンくらぶには、科学の最新ニュースや実験、工作のアイデアなど、科学に関するさまざまな記事が掲載されています。また、科学者やエンジニアへのインタビューや、科学に関するコラムなども掲載されており、子どもたちの科学への興味を育むのに最適な雑誌です。

スケルトンくらぶは、科学に関する知識を深めたい子どもたちに最適な雑誌です。科学の最新ニュースや実験、工作のアイデアなど、科学に関するさまざまな記事が掲載されています。また、科学者やエンジニアへのインタビューや、科学に関するコラムなども掲載されており、子どもたちの科学への興味を育むのに最適な雑誌です。

スケルトンくらぶの歴史

スケルトンくらぶの歴史

スケルトンくらぶの歴史

スケルトンくらぶは、1974年に創刊された、骨格標本や骨格に関する情報・研究成果を掲載する専門誌です。創刊当初は季刊でしたが、1980年に年4回刊となり、現在に至っています。

スケルトンくらぶを創刊したきっかけは、骨格標本や骨格に関する情報を収集・発信する場がなかったことでした。当時は、骨格標本や骨格に関する情報は、学術誌や専門書に掲載される程度で、一般の人々が骨格標本や骨格について知る機会はほとんどありませんでした。

スケルトンくらぶは、骨格標本や骨格に関する情報を広く一般に伝えることを目的として創刊されました。創刊以来、スケルトンくらぶは、骨格標本や骨格に関する様々な情報を掲載してきました。例えば、骨格標本の製作方法、骨格標本の活用法、骨格標本の歴史、骨格標本の文化など、骨格標本や骨格に関するあらゆる情報を掲載しています。

スケルトンくらぶは、創刊以来、骨格標本や骨格に関する情報を広く一般に伝える役割を果たしてきました。スケルトンくらぶのおかげで、骨格標本や骨格に関する情報は、一般の人々にも広く知られるようになりました。スケルトンくらぶは、骨格標本や骨格に関する情報を収集・発信する場として、今後も重要な役割を果たし続けるでしょう。

スケルトンくらぶの休刊

スケルトンくらぶの休刊

スケルトンくらぶの休刊

スケルトンくらぶは、1979年4月に創刊された、骨格標本に特化した雑誌です。創刊当時、骨格標本はマニアの間で人気が高まっており、スケルトンくらぶはその需要に応える形で創刊されました。

雑誌は年4回発行され、骨格標本の紹介や、骨格標本の作り方などの記事が掲載されました。また、骨格標本のイベント情報や、骨格標本の買取情報なども掲載されました。

しかし、最近は骨格標本のブームが下火になり、スケルトンくらぶの発行部数も減少。2023年3月31日をもって休刊することが発表されました。

スケルトンくらぶの休刊は、骨格標本業界に大きな衝撃を与えました。骨格標本愛好家の中には、スケルトンくらぶの休刊を悼む声も聞かれています。

スケルトンくらぶの休刊は、骨格標本業界の衰退を象徴する出来事と言えます。今後、骨格標本業界がどのように発展していくのか、注目が集まっています。

タイトルとURLをコピーしました